地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年07月05日

飯田


幡崎」でアウトレット直行と「0」の乗り継ぎができるようになり、
西鉄小郡からJR鳥栖への最短ルートが、幡崎乗り換えになっていますw
バス停の隣接表示も、両方向とも2つ書かれるようになりましたが、
日恵寺が忘れ去られて、飯田が書かれています。



「飯田」は、飯田町けいしんから高速に沿って、北上する道の上。



日恵寺のほうは、ただただ田園風景。
西鉄の走る区間としては、希少な景色です。



飯田町けいしんからは徒歩圏内ですが、
確かに集落の北側の人にとっては、このへんにバス停があると便利。



鳥栖支社が独自に設置したのでしょうか、臨時バス停なんです。
昔、国鉄の北海道にたくさんあった、仮乗降場みたいなもんでしょうか。
西鉄公式ページの時刻表では、表示されないバス停です。
ちゃんと標柱が立っているぶん、自由ケ丘南公園よりは扱いがよいです。



端間駅まで歩いて移動。
飯田町の集落を抜けていこうとしたら、途中にこんなものが。
駅に掲示されていたアクリルを再利用しているようです。



ほどなく、細い用水路に沿って引かれた、
福岡と佐賀の県境を越えます。
峠を越えるでもなく、集落が切れるでもなく、
何の変哲もないので、かえって注目したくなります。
関門人道トンネルの県境も、けっこう好きです。


同じカテゴリー(佐賀)の記事画像
目達原
田中
西鉄味坂駅前
佐賀駅バスセンター
佐賀第二合同庁舎
再片田江
同じカテゴリー(佐賀)の記事
 目達原 (2016-11-11 11:11)
 田中 (2015-10-10 17:17)
 西鉄味坂駅前 (2015-09-29 17:17)
 佐賀駅バスセンター (2015-09-24 07:07)
 佐賀第二合同庁舎 (2015-09-23 07:07)
 再片田江 (2015-09-22 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)佐賀
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。