地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年07月16日

飯香の浦


斜面に張り付いた住宅群。



浦に沿っている集落を通るので蛇行する道を、
一直線に繋ごうとする高架道路。
ただ通過するだけの人たちにとっては、ありがたい道でしょうが、
バス路線の風情という観点からは、特に必要のないものです。



本当は、長崎市内から、延々と坂を登り下りして到達すべきなんですが、
茂木から海沿いにやってきて、隣の宮の下から歩く、という邪道アクセス。



長崎郊外の、隘路路線の代表格といってよいでしょう、「飯香の浦」。
このバス停を表現する際には、まずこの店は外せません。



なぜならバスは、こんな感じで、店の脇に停まるからです。



始発点で、バスが定時に発車するからか、
待合のスペースは、駐車場の片隅、とても小さいです。



バス停のすぐ先は海。名前の通り、河口の浦地形です。
このあと山越えで愛宕町から長崎の街に戻りましたが、
確かに飯香の浦は、市内からここ行きのバスで来たほうが、
丘を延々越えて来た~、という印象が鮮明になるようです。


同じカテゴリー(長崎バス)の記事画像
大串
秋月町入口~大曲
乗継不調
マリア学院前
稲佐橋
目覚町
同じカテゴリー(長崎バス)の記事
 多良見大浦取材 (2017-10-01 23:09)
 大串 (2014-01-28 07:07)
 秋月町入口~大曲 (2011-07-22 17:17)
 乗継不調 (2011-07-22 07:07)
 マリア学院前 (2011-07-21 17:17)
 稲佐橋 (2011-07-21 07:07)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)長崎バス
この記事へのコメント
1年前に行った時を思い出しました。
当日は、台風接近で雨かつ高波でしたが、晴れていたらこんなにおだやかなんですね(^-^)

しかし…まさか別ルートで飯香の浦にこれるとは驚きました。

この路線の道、今でも覚えています。また乗りたいですね…(笑)
Posted by あげ周防 at 2011年07月16日 18:41
先週の土曜日、穏やかな晴天でした。

長崎のバス関係のブログとか、路線図とか見てて、
千々と飯香の浦は外せないでしょ、って気分になってたんで、
茂木~太田尾に乗るのは既定路線で行程を組んだんですが、
なかなかうまいこと乗継が繋がらないんですよ。
千々も飯香の浦も、それぞれに都心に向いてダイヤ組んでますから、
当然といえば当然なんですけどさ。

そのため残念ながら、飯香の浦から都心に戻る行程になってしまいましたが、
あとから愛宕町経由も体験しまして、
やっぱりこっちから来た方が気分は出そうだと感じました。
また早い時期に再訪したいと思える路線でした。
Posted by ちょんびん at 2011年07月16日 19:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。