地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年08月14日

青海大橋


仙崎駅から「青海大橋」まで、歩こうかと思ったら、
ちょうど下関からの準急が来ました。

サンデン交通は、西鉄と違って、
バス停に立ってても、乗ると意思表示しないと停まりません。
福岡は過保護で、広島は突慳貪。
山口はその中間で、ちょうどいいバランスなんじゃないかと思います。

乗ったら、整理券番号は「63」でした。



青海大橋バス停。
バス停には防長バスの表示がありますが、
現在は膨張交通のバスはここまで来ることはなく、
サンデンとブルーラインだけです。



すこし南に戻ると、脇に大きな駐車スペースがあって、



筑紫野や大分の、見たことあるバスが停まっています。



その片隅に、地味に佇立しているのが、防長交通のバス停。
長門市内中心から来るバスは、ここ青海大橋が終点となります。
東萩駅や秋芳洞など、かなり遠いところまでの便があります。
サンデンも下関から直行が走ってますし、長距離路線が健在です。



海を見ながら、



下関方向のバス停まで戻ると、



後ろに、引揚げ上陸跡地があります。
明日は終戦記念日、そして私は誕生日w



青海大橋は、島のけっこう高いところに取り付いているので、
本土側からは急な上りになります。
橋の下を船が通過することも想定されているのだと思います。

福岡都市高速の荒津大橋も、
福岡造船がなければあんなに高く架けられなかったでしょうが、
そのおかげで天神~西公園の夜景は素晴らしいですし、
筑後川昇開橋も、船を通過させるためにあんな構造になり、
いまも観光資源として保存されていますし、
船の通行を意識した橋は、特徴的なものが多いように思います。



とはいっても、ここは本州と島の間は、
写真の通り、泳いでもじゅうぶん渡れそうな至近距離。



歩いて渡っても、あっという間にたどり着いてしまいます。
それでも振り返れば、仙崎の街を見下ろすことができて、
非常に眺めの気持ちよいところです。


同じカテゴリー(サンデン交通)の記事画像
豊田町西市
美祢駅
秋吉
秋吉台
秋芳洞(あきよしどう)
御裳川(みもすそがわ)
同じカテゴリー(サンデン交通)の記事
 豊田町西市 (2015-02-20 17:17)
 美祢駅 (2015-02-18 18:18)
 秋吉 (2015-02-16 17:17)
 秋吉台 (2015-02-15 19:19)
 秋芳洞(あきよしどう) (2015-02-14 19:19)
 御裳川(みもすそがわ) (2015-02-13 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。