地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年08月17日

文化財早川邸前


通の終点から、折り返しバスまで時間があるので、
裏路地を集落の中心に向かって歩きます。



海に面する大通りとの間に、敷地いっぱいに並べられているのは、煮干。

実際の乾燥は乾燥機で行い、
「天日干し」を名乗るために数時間だけ屋外に出すのが、
天日干しちりめんやいりこの常套手段と聞いたことがありますが、
これは文字通り煮て干されています。猫に食べられたりしないのか心配w



細い路地の先に、昔の漁師住宅。早川家住宅。
道が狭いので後ろに下がれず、全体の雰囲気を伝える写真が撮れません。



マンホールも鯨。



大通側に出ると、



「文化財早川邸前」のバス停。
観光客が利用することはまったく期待していないように見えます。
そのわりには、ちゃんと早川家が名称になっていることが驚きです。
せめてこのバス停が、なんという名前なのかくらい、
見てすぐにわかるようにしておくべきでは、と思います。


同じカテゴリー(サンデン交通)の記事画像
豊田町西市
美祢駅
秋吉
秋吉台
秋芳洞(あきよしどう)
御裳川(みもすそがわ)
同じカテゴリー(サンデン交通)の記事
 サンデン秋芳洞惜別 (2018-09-09 21:21)
 豊田町西市 (2015-02-20 17:17)
 美祢駅 (2015-02-18 18:18)
 秋吉 (2015-02-16 17:17)
 秋吉台 (2015-02-15 19:19)
 秋芳洞(あきよしどう) (2015-02-14 19:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。