地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年08月29日

西鉄四十八箇所巡礼

四国八十八箇所とか、西国三十三箇所のように、
西鉄のバス停で、「寺」「院」がついているところを、
順番に廻ったら面白いのではないか、という思い付きです。

本日の仕事中に閃いて、退社後1時間ほどで組んでますので、
まあ叩き台だと思って読んでください。
私の中で盛り上がれば、修正を加えるかもしれません。

コレ

出発地と終着地は、それなりの格が必要だろう、と思いまして、
ターミナルと西鉄駅を設定しています。
実際にバスで廻ることも一応w想定して、順番をつけました。
ここは間違いないだろう、と自信がある部分と、
これはどっちが先がいいんだろう、とまだ悩んでいる部分が混在しています。

なぜ48なのか、といいますと、
「にしてつしじゅうはちかしょ」の語呂がいいんじゃないかと。
霊場は、88・33・49などが一般的なようですが、
それにあまり囚われることなくw

本当は、「寺」のつくバス停が、ちょうど88あれば文句なしなんですが、
西鉄HPで検索しても、そんなにたくさんは出てきません。
それに、寺塚とか、寺迫口とか、寺福童とか三寺払は、
お寺には関係ありそうですが、寺そのものではなさそうなので、省きます。

次に、「新道寺」「新道寺小学校」、「大王寺」「上大王寺」のように、
同じ地域で重複しているものは、できる限り装飾がない名前のものだけ採用します。
それから、水前寺公園や宝蔵寺など、西鉄のHP検索で出てきても、
熊本や下関の、西鉄でない事業体が主体となっている地域は削除です。

そうすると、55箇所くらいになるんです。
でも、50台の数字で、リズムがいいな、って感じられるのがないので、
四王寺坂・神松寺橋のように、寺そのものを指してなさそうなものも外します。
明星寺団地・東光寺本町・延命寺臨海公園なども除外されます。
ここまでで、けっこう魅力的なバス停が排除されてますので、
将来的には番外、なんてのも作りたいな、という邪念も生まれますw

ここで、四国88箇所を見てみると、「寺」のほかに、
「院」「坊」のつく場所が含まれています。
ということで、「院」「坊」「堂」のつくバス停も検索してみることに。
鞍手の不動院や、香春の神宮院など、風格のある名前がでてきたので、
寺の名前らしきものを足すことにします。

久留米「25」の善院も、寺の名前なんでしょうか。
まあ隣に大慶寺と三明寺が並んであるので、入れなくてもいいことにします。
権現堂や観音堂、岩屋堂も魅力的ですが、
御堂があるだけで、寺があるかもわからないので、入れません。
奥の堂なんてのも、線引きひとつで範疇に入れられるのでしょうが、
このへんになってくると、かなり私の恣意的な決定になります。

結果、「寺」「院」が含まれて、橋や坂のつかない、
寺院を指していると思われるバス停を全部採用すると48になったので、
これで一応の決定とします。確定したからって誰が認証するでもなく、
ただ私の自己満足以上のものではありませんが。

そのうち、自作自演巡礼を行うかもしれません。

タグ :西鉄バス

同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事画像
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
はかた号で都市高速一周
西鉄教習所で連節バスいろいろ
S字でゴルフボールを踏まないように
西鉄自動車学校教習体験
同じカテゴリー(妄想・虚言)の記事
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 福岡バスブログコラボ企画業務連絡 (2017-07-13 21:34)
 偶然に九周年 (2017-07-05 20:30)
 はかた号で都市高速一周 (2017-07-04 21:43)
 西鉄教習所で連節バスいろいろ (2017-07-03 16:16)

この記事へのコメント
こんばんは。ちょうど私の仕事場の寺塚のお話でましたので。
寺塚の名前の由来は穴観音のバス停近くのお寺でしょうね。お寺の名前は興宗寺だったかな?詳しく覚えてないけど間違っていたらゴメンナサイ。赤穂浪士と縁があるらしく、毎年その頃には行事が行われてますので目の前の道が混んだりしますね。
Posted by かわせみ利用促進会 at 2011年08月29日 21:16
こんばんは。

穴観音とかですね、寺塚もそうですけど、
そこにある由来となった寺社仏閣とか検証しだすと、
バス停訪問ではなく、歴史探訪、ひいては本物の遍路になってしまうので、
その辺のバランスをどうしようか迷っているところです。

実際に巡礼する場合でも、とりあえずバス停周りでよしとするか、
それとも寺院を見つけるまで探すのかw
その場に行ってからでは、見つからないリスクが大きすぎるので、
それなりに下準備として調査・検索してから出発することになるでしょう。
Posted by ちょんびん at 2011年08月29日 22:02
こんばんは。
最初に見て、吹いてしまいました(笑)
これは面白いですね。
筑豊で豊前坊が残っていれば・・・。

僕もホリデーを欠かさずに購入していますので、いつかは、回ってみようと思います(笑)
神社回りも面白いかもしれません(爆)
Posted by 西鉄2000形 at 2011年08月29日 22:17
こんばんは。

さすがに、大興善寺は入ってないですね…。

これだけのことができるあたりはさすが西鉄バスだなと感じます。
(佐賀市営は高伝寺、普門寺、来迎寺のみ。寺井橋、尼寺はカウントせずで。)
Posted by SJK at 2011年08月29日 22:44
>西鉄2000形さん、こんにちは。

ホリデーで廻れないところも含んでいますが、
基本的には順打ちが可能なように並べているつもりです。
実際に予定を組むと、何日くらいで回れますかね。
本数の少ないところも含まれてますんで。

豊前坊が残っていたら、って私も思いました。
そしたら、後藤寺スタートの豊前坊ゴールでひとまわり、
というコースを組んだと思います。
Posted by ちょんびん at 2011年08月30日 06:49
>SJKさん、こんにちは。

豊前坊・呑山観音・大興善寺、
皆さん共通の傾向を持って考えてくださってますw
一応、バスと西鉄電車だけで回れるようにしておきたいので、
臨時しか走ってないところは除外しました。

それでも48あるわけですから、西鉄の規模は大きいですね。
久留米の廃止検討「25」に3つ(善院を含めて4つ)、
同じく「55」にも3つあるのに、福岡市内も3つしかなく、
地域に偏りがあるのも面白いと思います。
Posted by ちょんびん at 2011年08月30日 07:04
こんにちは。

今在家とか高坊とか妙見とか、いろんな「寄り道」も途中で思いつきそうで楽しいですね。

たしかに、「実用」以外の利用を創出するような取り組みは必要ですよね。
どことどこのバス停を何曜日に回ったら志望校に合格する、という噂が口コミで広がる…みたいなことが起こると面白そうです。
Posted by soramame at 2011年08月30日 12:33
バス停、ひいては地名の由来を、あれこれ想像しながら、
というのはバスに乗る楽しみのひとつであります。
前にも書きましたが、防塁前や西高下など、
身近であればあるほど、地名がひとつの記号化していますので、
本来の意味を考えると新しい発見があるように感じます。
そういう価値観を共有できる方であれば、
非実用のバス乗りってものが楽しいと思っていただけるのでしょうが。

そういう意味で、受験需要はなかなか楽しいです。
「うかーる」や「きっと勝つと」のように、
験担ぎ商品は受験期のネタとして定着した感がありますので。
佐川急便のふんどしのように、
西鉄バスの何番に乗ったらこういういいことが起こる、
というようなプロモーションを考えてみます。
真直球勝負で、「合格」バス停をどっかに新設するとかw
Posted by ちょんびん at 2011年09月01日 17:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。