地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年09月04日

蒲生入口


西谷変電所からの帰り、「蒲生入口」で降ります。



次の第二熊谷町まで、バス停距離が非常に近いです。
今見送ったばかりのバスが、ほんの目と鼻の先でまた停まっています。



次の目的地は山田緑地。
バス停南側の交差点から、まっすぐな道が延びていまして、歩ける距離です。
実際、山田緑地の入口には、山田緑地バス停ではなく、
本数の多い蒲生入口の時刻表が掲げてあります。



山田緑地まで行くバスは、ほんのわずか。
でもここには「49」愛の家と、「45」中谷(ついでに西谷w)も来ますので、
都心からでもバスで訪問しやすい場所です。



バスが三方向に分岐する交差点から、先ほどの山田緑地方向以外に、



こちらが愛の家方面。



こちらが蒲生・高野・中谷方面。 



ただ、「45」は、山田緑地行き以外、



交差点手前の、商店があるところから、
 


細道を使ってショートカットします。
中谷→都心方面は、先ほどの交差点を通るのですが。



ということで、私のこだわりの中では、
こういう区間は両方向乗らないと、完乗と認めたくないので、
自分で自分の首を絞めていると思いながらも、
なかなか完乗と確信できる状態にたどり着かないのですw

ホリデーアクトパス発売以降は、行程表を公開しているので、
それ以前のことは全てきれいに忘れて、
行程表掲載部分だけで集計しようかな、とも思っております。

次は山田緑地、かと思わせておいて、
1時間ほど乗り換えに空き時間があったので、
先に愛の家車庫まで往復して来てます。


同じカテゴリー(北九州)の記事画像
黒崎のバス
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
同じカテゴリー(北九州)の記事
 黒崎のバス (2018-06-19 17:17)
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)北九州
この記事へのコメント
 どうもこんばんは。
 この付近は自分の地元ですが、ここを通るバスも随分変わりました。
 以前は20番台のバスが主流だったのにいつの間にか40番台しか走らなくなってしまいました。さらに番号の種類も多い時は23・24・45・49・64と5種類もあったのに現在は45・49のみしか無く、行先など分かりやすくなったのはいいけどもなんだか寂しくなりました。最近はすぐ横に新しい道路も出来て、渋滞も発生していたこの通りも、車の通りは少なくなってしまってますます寂しくなってしまってます。
 ただ唯一の救いは、ここを通るバスの利用者が多い事でしょうか。(自分が見た限りですが)

 今夜はこの辺で失礼します。
Posted by M:I at 2011年09月06日 01:35
こんばんは。
この辺は、私のようなよそ者にも、
小倉からも近いわりに、路線が動いてるイメージがあります。
現在は、愛の家~門司が「49」で、
あとは中谷も西谷も山田緑地も、そして八幡も「45」ですから、
分岐手前のここあたりが、「45」路線の代表地なんでしょうね。
確かにバスの利用者は多いと感じました。

新道ができたおかげで、車通りも少なくて、
ゆるやかな時間が流れているところだと思います。
Posted by ちょんびん at 2011年09月07日 20:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。