地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年09月14日

上馬寄


「上馬寄」。かみまいそう、と読むでございます。
mayose、yはiiと同じ扱いですから、母音の置換というより、
maysoeと子音の位置が移った訛り方だと思います。



門司方面のバスは、



「49」が右折、



「47」が直進と、坂の斜面を拓いた住宅地を、
細かい路線設定で走ります。

恒見の営業所から来て、営業所に戻るバスは、
この付近を循環する方向によって、出発時「47」「48」に区分されているのですが、
この辺から乗る場合、どちらにせよ門司には行きますし、
途中までしか行かないなら、使うバス停の方向も自ずと決まるせいか、
両方向とも「47」で走っています。

ここから下馬寄に行くときとか、野方台から野方に行くときとか、
地元の人はどっちのバス停で待つか迷わないんだろうか、
って思うんですが、どうなんでしょう。
門司駅に行く場合は、循環の「47」以外に、
「49」という別の選択肢が1時間に3本以上増えますので、
まったく悩む必要がないんですけど。




同じカテゴリー(北九州)の記事画像
折尾駅の変化
屋形船車庫
第一屋形船
八幡駅
中央二丁目起業祭
八幡製鉄所総合センター前
同じカテゴリー(北九州)の記事
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)
 北九州完乗への道 (2018-04-12 23:58)
 折尾駅の変化 (2018-03-01 18:26)
 屋形船車庫 (2018-02-28 06:06)
 第一屋形船 (2018-02-27 06:06)
 八幡駅 (2018-02-26 22:19)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。