地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年09月15日

新原町~鉄道学園前


上馬寄から「47」ルートを下るということは、ここを通ります。



酒屋をこうやって撮影する意味は、



ご存知の方も多いでしょうが、



こういうことです。貼り付けバス停の「新原町」。
とか、上の谷とか、ホテルヴェルデとか、
西鉄にもまだ不思議な仕様のバス停があるもんです。



反対側のバス停はふつう。
このくらいの歩道幅で、ちゃんとバス停は設置されるわけですから、
酒屋側を敢えて柱に貼らなければならなかった必然性は見えません。
といっても、もちろん批判しているわけではなく、
どちらかというともっと盛んにやって欲しいという立場の私です。



そのまま進んで、隣の「鉄道学園前」。
急にマンションがここだけ高層化して林立し、
薄暗く感じるほど日光が遮断されていました。


同じカテゴリー(北九州)の記事画像
黒崎のバス
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
同じカテゴリー(北九州)の記事
 黒崎のバス (2018-06-19 17:17)
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。