地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年09月20日

若久団地


「若久団地」は、



平日の朝に、ほんの少しバスが来るバス停。



「61」の走る大通りから、



ちょっとだけ奥に入るだけの、



団地の入口部分といった位置のため、



「緑園前」バス停から乗れば事足りる、
という判断がされているのかもしれません。



団地の奥へ向かう坂の途中、若久特別支援学校の車庫には、



西鉄バス停を再利用したと思われる、看板がありました。
遠目から見ても、形でバス停だとわかるので、思わず近寄ってしまいました。
光や匂いにつられる虫たちと、大差ない行動パターンです。


同じカテゴリー(福岡橙)の記事画像
最後の柏原7148
桧原営業所の油山臨時
油山牧場も~も~ランド
子ども広場
キャンプ場(油山市民の森)
市民の森入口
同じカテゴリー(福岡橙)の記事
 最後の柏原7148 (2018-03-12 22:22)
 桧原営業所の油山臨時 (2018-02-03 06:06)
 油山牧場も~も~ランド (2018-02-02 06:06)
 子ども広場 (2018-02-01 06:06)
 キャンプ場(油山市民の森) (2018-01-31 06:06)
 市民の森入口 (2018-01-30 06:06)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)福岡橙
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
まさかうちの実家がFutureされるとは思いませんでした。

元・若久団地バス停利用者としてはこれだけ本数が減るとは思いませんでしたね~。
今は確か平日朝に2本出てるだけでしたよね?

私が利用してたときは平日は朝3本、土曜も少し走ってた気がします。

もしかしたら立替のときになくすつもりなのかなぁ??
Posted by George at 2011年09月20日 18:48
こんにちは。
Georgeさんの晩御飯は、たまに拝見してますw

若久団地、本通りとの距離関係が微妙なんでしょうね。
もうすこし中までバスが乗り入れれば、
金山団地くらいの繁栄(笑)は望めるでしょうに。

建てかえが行われるなら、もっと上まで行くようにして、
上を団地、下を入口とバス停をふたつにしてほしいですね。
そうすると、上り坂が負担になる人たちは、
行きは入口に下りて乗り、帰りは団地まで乗って、と
出来る限り坂道の負担を回避することができます。
Posted by ちょんびん at 2011年09月21日 13:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。