地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年09月24日

旭団地


那珂川営業所~西畑大山の「9」が廃止になったあと、
現在はコミュニティバスが走っていますが、
その路線になってから立ち寄るようになった、「旭団地」。



道幅と斜面の関係で、西鉄の中型では通行が困難だったのかもしれません。



現在の車両はハイエースなので、特に支障もなく走っています。



バス停すぐ上の交差点で、大山方面と南面里方面が分岐します。
かわせみは、道が分かりづらい住宅地の中で、
このような案内看板を設置して、運転士さんを誘導しています。

小さい頃は、バスの運転士さんが道を間違えないのは当然と思っていて、
それが凄いことと感じることもありませんでしたが、
現在のかわせみを運行しているのは、西鉄バス二日市、月の浦の方々。
たまにしかかわせみを担当しない人もいるでしょうし、
こうやって道案内があるほうが合理的だよなあ、と感じるようになりました。

西鉄のバス車内でもいつからか、「この先、左に曲がります。ご注意ください」というような、
運転士さんに対する注意喚起のアナウンスが流れていますが、
乗客にとっても利のあるものですし、よいアイデアだと思います。

ちなみにこの写真、右が西で、左が南、ということは今向いているのは南西?
と考えられるかもしれませんが、右に曲がると西畑、左に曲がると南面里で、
方角ではなく行先の地名を指しているものと思われます。



こっち、井尻・南面里方面は、確かに真南ですが、



西畑・大山へは、最終的には西に向かって走りますが、
この交差点からはほぼ真北に住宅地を横切るルートです。


同じカテゴリー(二日市)の記事画像
被災地杷木
水害後の浜川
西鉄自動車学校入校
南ケ丘五丁目
牛頸
大野南小学校前
同じカテゴリー(二日市)の記事
 被災地杷木 (2017-07-13 20:17)
 水害後の浜川 (2017-07-12 06:06)
 西鉄自動車学校入校 (2017-06-30 16:16)
 南ケ丘五丁目 (2017-02-12 23:14)
 牛頸 (2017-02-10 18:48)
 大野南小学校前 (2017-02-10 10:15)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)二日市
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。