地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年09月18日

長洲港+西荒神


長洲の商店街を抜けて、つきあたり、



右を向いたら「長洲港」。



島原半島へのフェリーが出ています。



島原に向かうのであれば、ぐるっと有明海をまわるよりも、
ここはフェリーに乗ったほうがずっと便利でしょう。

ただ、たとえば長崎~熊本の場合はどうなんでしょうね。
長洲自体が、九州自動車道のインターから遠く、
長洲まで来て、船を待って、また島原半島から長崎へ、
ということを考えると、そのまま鳥栖を回ったほうが面倒くさくない、
って判断をする人も多そうな気がします。

弟は長距離トラックの運転手なんですが、お互い仕事の話はしませんし、
有料道路の使用が自分の取り分にどう関わってくるかによって、
路線選択は大きく違ってくると思います。



それはさておき、バスの話をw

長洲港前の交差点に来たバスは、どちら方面であっても、
北側の道路へ抜けてから左折を繰り返し、



海側の道路から、この「長洲港」バス停にアクセスして、



交差点から、各方向に走っていきます。

と書いたものの、長洲港から大明神へ右折する循環線は廃止になりますし、
西荒神へ直進するバスは数えるほどしかありませんので、
殆どのバスが、交差点から少し先に進んで、左折することになります。
ここの路線選択もけっこう複雑だったので、
図を描くべきところを文章だけで敢えて説明するシリーズに入れようかと考えましたが、
つい最近に塘下でやったばかりなので、見送ります。



ここも、五足の靴ゆかりの地です。



長洲港から、正面の道路を直進した先が、「西荒神」。



長洲港と荒尾バスセンターを結ぶ路線が、ほんのちょっとだけ走ります。
平日だけなので、私が乗れることは、まずないでしょうw



長洲港からは僅かな距離なのですが、
西荒尾駅へ向かうバスと、玉名方面へ行くバス、
正面の長洲港から向かって右側の、別々の細道を選択します。
こうやって複雑な経路をとる甲斐があるだけの乗客とは、
私が乗るのは土日祝に限られますが、まだ出会ったことがありません。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。