地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年09月16日

長洲駅南口→北口→梅田


「長洲駅南口」。



今月いっぱいで廃止になるらしい、町内循環線を降りて、走るバスを見送り、



金魚の像が印象的な、駅前から高架橋を渡って、



反対側へ。



いきなり、バスが来ました。
荒尾と玉名を結んでいる「玉4」のバスです。



タクシー営業所前の「長洲駅北口」バス停に立ち寄って、
この先本当に道が続いているのだろうか、と心配になるような方向へ、
バスは走り去って行きます。



1日わずか3往復、狙ってもなかなか乗りにくいバスなのに、
こんな偶然に出会うこともあるのですね。
かといって、南口で町内循環バスを降りて、
乗り継ぐ想定がなされているわけではないと思います。



駅から線路沿いに西へ、「梅田」のバス停を過ぎて、



先の交差点で、さっき降りたバスに再度出会います。
この循環線、南口を出てから大通りまでは複乗で戻り、
そこから長洲港に寄って北上し、新山という集落を抜けて踏切を渡ってから、
やっと駅北口に向けてやってきますので、
こうやって待ち伏せをすることができます。

荒尾からのバスを北口で降り、このバスで町内の各地に帰ることも可能ですが、
そういう乗り継ぎも考えられているんでしょうか、
あまり真面目にダイヤを検証していませんが。

とにかく、この住宅地の部分は循環線だけが走っていた区間で、
来月からはここを産交のリエッセが走る姿が見られなくなります。
特段に印象的という場所でもありませんが、なくなるものは何でも惜しい、
という浅ましい感情が、私のバス乗りの原動力となっております(開き直り)。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。