地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年09月24日

荒尾産交営業所


長洲経由の玉4、終点が「荒尾産交営業所前」。



といってもここは元の荒尾市営バスの本拠地でした。
荒尾産交は、もともと荒尾駅や競馬場の近く。
現在は、産交の営業所も閉鎖されてしまい、
荒尾車庫という扱いです。バス停の名前はそのままですが。



もとは市営バスと書かれていた上から、
産交のシールを貼ったことがよくわかる、市営仕様のバス停。



車庫なんですが、ここを拠点として路線が組まれているわけではないので、
四ツ山までの本数も、ひどいことになっています。
バスセンター側に向かうものも、これに玉4が加わる程度ですので、
発車時刻を知らずに、気軽にバスに乗りにくる、という状態ではありません。



バスセンターとの入出庫がありますので、
夕方は特に、よくバスは走ってきます。
でも客扱いをする必要もないと見做されています。



バスセンターやグリーンランドから発車する、
空港行きの高速バスがあるので、
ここを回送で走るのは、産交だけではなく西鉄も。



グリーンランドと大牟田駅を繋ぐ路線バスもありますが、
ここには西鉄は停車しません。



南西側の南北筋には別の路線があって、
「荒尾産交入口」というバス停も立っているのですが、こちらも1日に3往復ほど。
大牟田と比べて、そんなに都市規模に差があるように感じないのですが、
バス路線の充実ぶりは、雲泥の差があります。



構内に停まったバスたち。すでに幕車はここにも1台もありません。
八代の中型の幕、日田地とか入ってるの、どこかで売りに出てませんかね。



車庫の片隅には、使われなくなったバス停が多数。
これも最近、各地で見られる光景です。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。