地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年10月23日

役犬原


農業倉庫とバス停、「役犬原」。
阿蘇駅~宮地~内牧を循環する路線、両方向にけっこう本数があります。



反対側、小さな交差点の角に、



カエルw



マーライオンにカッパww



公衆電話を再利用した、募金箱。



などが並んでいるところに、湧水。
自然の力とは面白いもので、阿蘇の山々に降った雨が、
こうやって噴き出す場所があります。



その脇を、淡々と走り抜けるバス。



山田経由という、山側の集落を廻る路線もあり、ここから分岐します。



宮地から来たバスが、



そちらに曲がるのが当然、という感じで、
車体幅ぎりぎりの道へ突っ込んでいきます。



山田からバスが戻ってきました。



宮地駅止めのバスは本数が少なく、この幕はレアものですw



そんなバスの横でも、湧き水が飛沫をあげています。




同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
今村
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 今村 (2019-01-18 17:17)
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。