地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年10月02日

新門司臨海住宅工業団地入口


本日から10日ほど、先月末で廃止になった、
門司エリア井の浦経由を辿ります。

そういえば、代替の乗合タクシー、時刻や運賃はどこかにリリースされてませんかね。
11月末までの利用状況で、来年度からの正式運行を検討、という流れなので、
この2ヶ月で使われなければ、そのまま消滅する恐れもあるということでは?



最後の訪問となった9/18は、乗り過ごして「吉志二丁目」まで行き、
「東部農協前」まで戻ってからスタート、という心配な立ち上がり。
農協前まで戻る必要はないのですけれど、丸和で水分を調達という予定もあり、
路線を辿る際には、そのルートに忠実な順番でバス停を追いたいというこだわりもあり。



ということで、まずは「新門司住宅団地入口」。



分岐交差点のすぐそばで、ここは廃止になってもあまり影響がなさそうです。
東部農協前まで歩けば、バスの本数はそれなりにあります。



反対側。長らく更新されていないバス停は、表示も朧。



オープンしたばかりの亀の井ホテルを過ぎて、



工業団地は左に分岐する、交差点の近く、「新門司臨海工業団地入口」。



もともとバスは、恒見から井の浦まわりで浦中へ来ており、
環状部分のうち、ここが一番新しい区間なので、新興の臨海地域というイメージでしたが、
年季が入った家も多く、漁村としては昔から人が住んでいたようです。失礼。



同じカテゴリー(北九州)の記事画像
木屋瀬宿
黒崎駅前出発までのイントロもしくはプレリュード
西鉄黒崎バスセンター
小倉高校下
高野 西谷変電所の廃止も含めて
高野三丁目
同じカテゴリー(北九州)の記事
 木屋瀬宿 (2017-06-16 16:16)
 黒崎駅前出発までのイントロもしくはプレリュード (2017-06-15 16:16)
 西鉄黒崎バスセンター (2017-04-27 00:02)
 小倉高校下 (2017-04-03 06:06)
 高野 西谷変電所の廃止も含めて (2017-04-02 06:06)
 高野三丁目 (2017-03-25 19:19)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。