地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年10月03日

松ヶ江交番前~新門司二丁目


川を渡ります。先に見えるのが新門司港。



反対側には、漁船が並んでいます。
新門司港といえばフェリーターミナルや石油コンビナートの印象が強いです。
ちなみにコンビナートはロシア語w



埋立地の広くてまっすぐな道に、「松ヶ江交番」。



交番は、山側に新しいのが建っています。



恒見は、かき養殖の盛んなところなんだそうです。
ということで、この道路の愛称は「カニ・カキロード」。井の浦から吉田へと続きます。



続いて、「新門司二丁目」。
とうとう、バス停の名前となるランドマークすらない場所へw



次のバスまで1時間近くあるはずなのですが、バス停に屯する3人の娘たち。
隣バス停の福祉センターには、温水プールがあるので、遊びにきたんでしょうか。
そしたら、そのまま福祉センター前のバス停で待ってたらいいのに。
それとも、車でお迎えが来るんですかね。
若者の足なら、東部農協前まで歩いたほうが、バスは充実しています。



おっさんは、ただ全てのバス停を撮るために、炎天下を只管歩くのみです。


同じカテゴリー(北九州)の記事画像
中央二丁目起業祭
八幡製鉄所総合センター前
原形を留めたままの戸畑渡場
若松駅にて
まつり起業祭八幡2017のバス11月3日
木屋瀬宿
同じカテゴリー(北九州)の記事
 中央二丁目起業祭 (2018-02-25 06:06)
 八幡製鉄所総合センター前 (2018-02-24 06:06)
 原形を留めたままの戸畑渡場 (2018-02-23 06:06)
 若松駅にて (2018-02-22 12:42)
 まつり起業祭八幡2017のバス11月3日 (2017-11-14 16:16)
 木屋瀬宿 (2017-06-16 16:16)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。