地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年10月06日

浦中


もと終点の風格を感じさせる、「浦中」。
それが何によるものか、ってのは特定しづらいのですが。



海のそばに立つバス停は、すでに表記も消え失せています。



後ろの山も印象的。この辺が石灰岩質だということを感じさせます。



もともとの道は、集落の中へ繋がっていて、
臨海地域への広い道が、新しくできたのだとよくわかる形。
バスがこのロータリーで周回していた時代を偲ばせます。



ローカル線末端の漁村と、埠頭路線の風景、両方の雰囲気が交わる場所です。



最後までそこそこの本数が走っていたのに、一気に消えてしまいました。


同じカテゴリー(北九州)の記事画像
折尾駅の変化
屋形船車庫
第一屋形船
八幡駅
中央二丁目起業祭
八幡製鉄所総合センター前
同じカテゴリー(北九州)の記事
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)
 北九州完乗への道 (2018-04-12 23:58)
 折尾駅の変化 (2018-03-01 18:26)
 屋形船車庫 (2018-02-28 06:06)
 第一屋形船 (2018-02-27 06:06)
 八幡駅 (2018-02-26 22:19)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。