地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年10月10日

井の浦


石灰山の手前に、方向転換の空き地。
産廃関連の車両は停車しないよう、注意書きが掲示されているのですが、
蔓草で完全に隠れてしまっていました。
朝晩、ほんの僅かだけ走る吉田鉱山経由が使うだけでしたので、
支障が起こることもなかったのでしょう。



転回場から西へ、集落があります。



床屋や食堂、もう営業はしてないんでしょうか。



浦中から門司方面へ繋がる路線の「井の浦」バス停。
鉄板の表記はカタカナで「井ノ浦」になっています。



向かい側、恒見方面。僅かに吉田鉱山方面も。
こちら側にだけ待合所があるのは、
もともと門司へ直行するバスが、こちら向きに出ていた名残かと思います。



恒見と吉田鉱山を直行する場合、井の浦は経路にありませんので、
井の浦を経由するためには、井の浦バス停の前を通り過ぎて、
最初に掲載した空き地で向きを変え、戻ってくる必要がありました。
そこまでして寄るだけの価値があると見做された場所ですが、
1日2往復では、どれだけの需要喚起ができたのか疑わしいです。



井の浦から、恒見に向かって走るバス。この先に、小さな峠があります。



吉田鉱山側へ走るバスは、撮れないままに廃止の日を迎えました。


同じカテゴリー(北九州)の記事画像
黒崎のバス
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
同じカテゴリー(北九州)の記事
 黒崎のバス (2018-06-19 17:17)
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。