地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年10月11日

吉田鉱山前


井の浦から、鳶ヶ巣山の循環線からすこし離れて、「吉田鉱山前」の方へ。
浦中のほうから歩いてきたので、
遠郷で最初の砕石工場とコンベアくぐるバスを見たときは、おおっ!と思いましたが、
すでにこのあたりでは食傷気味。



運搬用の大きなトラックや、バス待合所?というような建物を見て、



道は海沿いになります。
採取した岩石をそのまま船で運べるのがメリットだったのでしょうか。



小野田セメント配電室という看板の建物が、海に向かって建っていて、



横の大きな丸も、小野田セメント。



向かいの空き地には、太平洋セメント。
これは会社組織の改編によるものだからいいとして、



ウメザキマテリアルとは何ぞや?
というふうに、他にもいろんな看板ばかりが目立つ場所です。



バス停は、奥の茂み。



位置的にも、本数的にも、客を乗降させる気が本当にあったのかどうか。
難易度が高いわりに、乗る機会に恵まれたこの路線ですが、
ちゃんとした乗客には一度も出会わないままでした。
私が乗るのが、いつも土日祝だから駄目だったんですかね。


同じカテゴリー(北九州)の記事画像
黒崎のバス
築地町(ちくちまち/つきじまち)
砂津1804
北九州の58MC
東門司一丁目
折尾駅の変化
同じカテゴリー(北九州)の記事
 黒崎のバス (2018-06-19 17:17)
 築地町(ちくちまち/つきじまち) (2018-05-24 07:07)
 砂津1804 (2018-05-23 07:07)
 北九州の58MC (2018-05-22 07:07)
 東門司一丁目 (2018-05-21 21:28)
 西鉄バス北九州エリア完乗への障壁 (2018-04-20 16:21)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)北九州
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。