地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年09月30日

田代違い

本日で廃止になる、田代線の最終便に乗りました、といっても、北九州ではありません。
昨日に情報をいただいて、勢いだけで大分まで。まあ、結果オーライでしょうw

石櫃~松延~谷の瀬~森町~森駅前~書曲三~書曲~東飯田小前~五分市~後辻~龍門の滝
龍門の滝→「田代」→田代 270円
田代→「最終森町」→龍門の滝 270円
龍門の滝~田尻~田尻原~中通り~北山田小~杉河内~小松屋前~天瀬温泉

交通費累計33080円


同じカテゴリー(行程表)の記事画像
福岡オープントップバスきらめきコース
FOTB祭
始終
ホリデーアクトパスを買いました2018
7726を追いかけて
佐賀俳句ハイク
同じカテゴリー(行程表)の記事
 物販会議天神 (2019-04-14 23:55)
 ソラリア20周年 (2019-04-06 23:58)
 唐揚げとトリアスと桜と (2019-04-03 23:58)
 天草と久山の廃止を欲張る (2019-03-31 23:58)
 西鉄を語る会30th@久留米 (2019-03-30 23:58)
 同窓会議 (2019-03-23 23:58)

Posted by ちょんびん at 19:36│Comments(4)行程表
この記事へのコメント
こんばんは

ちょんびんさんなら無理してでも行かれるだろうと思ってました。
なぜ龍門の滝から!? 車両は西鉄でしたか? レポートお待ちしております。
Posted by まさちゅん at 2011年10月01日 00:47
こんにちは。
見抜かれてましたか。私の気質をw

時間的に、昼の1往復しか滞在できなかったんです。
その中で、バスのある風景を、終点の田代は撮れるとして、
それ以外にどこで絡めるのがいいのか、
検討しながら車で走った結果、龍門の滝になりました。
1度も乗ったことのない路線でしたが、車ではトレースしましたし、
全線完乗には拘らないことにしまして。

車は、西鉄色のローザでした。
本日から走る、コミバスのバス停もすでに設置されてました。
新路線は土日祝も含めて毎日運行らしいですので、
また乗りに行きたいものですが、吊りバス停がどうなるか心配です。
レポート書きは、阿蘇エリアを一通り済ませてからになると思います。
ご了承ください。
Posted by ちょんびん at 2011年10月01日 15:47
ありゃ~!田代が無くなると思って慌てふたいめいていたら、こちらの田代まで道連れですか・・・。

私も壁バス停と吊バス停が心配ですw

日出生が無くならなかっただけでも安心しました。
Posted by ハンズマン at 2011年10月01日 21:28
私も、西鉄以外の廃止に目を向ける余裕がなく、
前日に気づいて、無理やり田代まで往復した次第です。

日出生も下園も存続で、なぜ田代だけ、と思ったら、
やはりここにも行政区分の壁があるようで、
終点の田代は玖珠町ですが、恵良から田尻原までは九重町なんですよね。
Posted by ちょんびん at 2011年10月02日 01:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。