地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年11月07日

おぐに老人保健施設前


「おぐに老人保健施設前」。



バス通りから、ゆうステーションと反対の方向、施設敷地内までバスが進入します。
保健施設に通うお年寄りにとっては、少しでも近くまでバスが来てくれることが、
何よりのサービスとなるのでしょう。
そういう事情を考えなければ、小国ドームからも徒歩圏内ですし、
交差点の向かいには、公立病院入口バス停もあるので、
構内進入は無駄な印象を受けるかもしれません。



阿蘇から杖立への直通バスは、
保健施設前→公立病院入口→ゆうステーション→公立病院入口→保健施設前と、
まるでこの区間が複乗であるかのようなルートを通ります。
しかも、小国町の中心部を経由するために、
バスは杖立とまったく逆方向に曲がっていきます。



黒川の循環泉、ぐる~っとバスは、
温泉への観光客も想定してか、高床の車両で運行されています。
眺めは確かによくて、田の原周辺の隘路も堪能できるのですが、
通院に使いたい地元の人には、乗り降りが負担になるかもしれません。
みんなが幸せになるのって、なかなか難しいのです。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
中村
小村入口
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。