地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年11月06日

中原~和田


建物のフェンスに結索された、産交では珍しい形式のバス停。
無地ですが、小国~湯田線の途中バス停、「中原」です。



バスは脇の狭い道を走るので、
バス停を立てると通行に支障が出るという判断でしょうか。



もとのバス路線は、この広い道を直進していたらしいのですが、
現在は南側の集落を廻るために、かなり遠回りをしています。



そのため、湯田からのバスを中原で降りて、
バスを見送ってから写真を撮り、



立派な待合室のある、隣のバス停まで歩いても、



バスがやってくるまで、けっこう時間に余裕があります。
中原のバス停を撮りたかったので、イレギュラーな乗り方をさせていただきました。
お付き合いくださった運転士さん、ありがとうございました。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
岳の湯2017
戸井の口
中原南小国
湯田南小国
千反
八代駅前
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 岳の湯2017 (2018-10-12 17:17)
 戸井の口 (2018-10-11 17:17)
 中原南小国 (2018-10-04 17:17)
 湯田南小国 (2018-10-03 17:17)
 千反 (2018-10-02 17:17)
 八代駅前 (2018-10-01 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。