地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年12月13日

折立~井尻駅入口


「折立」。
「42」は、系統のバリエーションが非常に多いです。
福岡女学院に寄るのか、松ヶ丘団地に寄るのか、
そして終点はどこなのか、という組み合わせになります。

「46」は平日だけ、井尻から雑餉隈も繋ぎます。



「46」は、ほかの番号と共有の区間が少なく、独立不羈の空気を湛えています。



一方通行が設定されるような細道を、バスが走るのはよいですね。


同じカテゴリー(福岡緑)の記事画像
立花寺(りゅうげじ)
西鉄大橋駅であれやこれやと
九州がんセンターを順光で
井尻交差点を上から横から中から
福岡空港国際線ターミナル 西鉄大橋駅行き「快速60」新設
井尻六ツ角
同じカテゴリー(福岡緑)の記事
 立花寺(りゅうげじ) (2017-07-21 20:06)
 西鉄大橋駅であれやこれやと (2017-06-01 19:14)
 九州がんセンターを順光で (2017-05-30 18:53)
 井尻交差点を上から横から中から (2017-04-18 19:40)
 福岡空港国際線ターミナル 西鉄大橋駅行き「快速60」新設 (2017-04-17 23:22)
 井尻六ツ角 (2017-03-11 06:06)

Posted by ちょんびん at 07:08│Comments(4)福岡緑
この記事へのコメント
こんばんは。昨日も午前様でした。実は僕が産まれた家が井尻駅入口(旧井尻口)の近くなんです。引っ越した後も当時の家を手入れするためにたまに来てました。
那珂川から井尻まではバスと電車を使う方が安かったですが母親に頼んで46番で来てた時が楽しかったですね。
今は那珂川町を走らなくなった46番ですが、中学校の時に教室から走ってる姿を見てた頃がとても懐かしく思います。
那珂川から46番の需要は寺田池にあったアピロス春日店に買い物いくくらいの需要しかなかったのですが井尻1丁目から井尻六ツ角に折り返しが変更になってこの区間が廃止にならなくて本当によかったです。
Posted by かわせみ利用促進会 at 2011年12月14日 01:28
 どうもこんばんは。
 先々週【46番】に乗ってこの区間は通りましたが、「壁に当たらんだろうか」と結構スリルを感じました。北九州でも【12番】や【53番】などが道幅が狭いところを通りますが、ここまで狭くはないです・・・自分の記憶の中ですけど。

 ・・・・ではこの辺で失礼します。
Posted by M:I at 2011年12月14日 23:37
>かわせみ利用促進会さん、こんばんは。

昔は、五十川までの区間便なんてのもありましたね。
新道ができつつありますが、「46」の経路はそのままであってほしいと思います。

私はどうやら、25日は休めそうです。
Posted by ちょんびん at 2011年12月19日 19:34
>M:Iさん、こんばんは。

道路の実質的な狭さでは、一方通行ですし、顕著かもしれません。
でも北九州の「12」「42」「53」などは、対向車が来ますからね。
廃止になってしまいましたが、「70」の石坂付近で、
バス同士がすれ違うなんてことがあれば、さらにわくわくすることでしょうw
Posted by ちょんびん at 2011年12月19日 19:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。