地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年11月29日

寿町二丁目


雑餉隈営業所とと南福岡駅の間、複乗区間の区間のバス停、「寿町二丁目」。
幹線道路と駅への側道との交差部分に電話局を置くのは、羽犬塚と同じ構造。
あちらはオオツカデパートが改称されてNTT筑後営業所前になりましたが、
こちらはNTTだったものが改称されて、地名になっています。この違いは何ぞや。
昔は電話局南口というバス停だったようですが、その時代の記憶はありません。



バス停とNTTの位置関係がわかるように撮ったら、
偶然バスまで写りこんだ幸運。



バスが複乗するということは、撮影の機会が往復あるということであり、
南福岡駅~宇美の「11」や、福岡空港の「43」のように、
南福岡駅~雑餉隈営業所を回送するものもありますので、
バスの実質本数以上に、バスがたくさんいる印象を受ける区間です。



東に向かう雑餉隈駅入口と、南に向かう那珂南小学校前、
その間、南東方向が雑餉隈営業所のイメージですが、
実際の方角は、ここから雑餉隈営業所がほぼ真東のようです。

それはさておき、付近からバスで博多方面に向かう場合、
いちばん素直なルートを通るのは「44」なんですが、
これはJRと競合するというか、南福岡駅からの需要を見込んでいないためか、
駅を複乗せず、営業所から南本町へ直進します。
1本くらい寄ってくれれば、1バス停から4方向への路線、
という特殊性が生まれて面白かったのにw

いい肉の日に因んで、何かネタをと考えてはいたのですが、
面白いことを思いつかないまま、普段通りの記事がこうやって掲載されます。


同じカテゴリー(福岡緑)の記事画像
福岡徳洲会病院
桜ヶ丘公民館前
福岡市最東端の西鉄バス停:今里
立花寺(りゅうげじ)
西鉄大橋駅であれやこれやと
九州がんセンターを順光で
同じカテゴリー(福岡緑)の記事
 福岡徳洲会病院 (2017-11-16 22:07)
 桜ヶ丘公民館前 (2017-11-16 06:06)
 福岡市最東端の西鉄バス停:今里 (2017-10-18 22:55)
 立花寺(りゅうげじ) (2017-07-21 20:06)
 西鉄大橋駅であれやこれやと (2017-06-01 19:14)
 九州がんセンターを順光で (2017-05-30 18:53)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡緑
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。