地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年10月29日

生の松原団地~団地入口


昭和バスのバス停使いまわし、「生の松原団地」。



団地の角を右折して、坂道をくだり、



昭和バス時代は、この家の前に、団地入口のバス停がありました。
なぜそんなこと覚えているかというと、
大学1年のとき、この向かい側に住んでたんですよね。



つきあたりには商店があったのですが、これも建て替えられていて、



「生の松原団地入口」バス停は、本通りに合流した先に移っています。



長い時間が過ぎたんだね、と実感させられます。
確かに当時は、ここに西鉄が走ることなど、想像もしませんでした。
銀色のバスが、福岡市内をハイスピードで走っていた時代の話です。


同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
龍の宮で完乗
渡船場前(龍の宮方面)
渡船場前(能古島アイランドパーク方面)
飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む
大坪の文脈
星の原団地始発の「3-2」
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 龍の宮で完乗 (2018-07-23 21:11)
 渡船場前(龍の宮方面) (2018-07-15 07:07)
 渡船場前(能古島アイランドパーク方面) (2018-07-14 11:11)
 飯倉二丁目で「3」の枝番を心に刻む (2018-07-13 07:07)
 大坪の文脈 (2018-07-06 07:06)
 星の原団地始発の「3-2」 (2018-07-05 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。