地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年11月20日

雁の巣駅前


バスを降りると、バス停の板は割れていました。



人工島ができて、両方向から天神に行けるようになりました。



「雁の巣駅前」。



交差点から北に、



「雁ノ巣駅」。
お分かりの通り、バス停はひらがな、駅名はカタカナです。
これは、海の中道と海ノ中道駅でも同じ関係。



雁ノ巣レクリエーションセンター内の、アビスパ練習場の案内板。
現在は、香椎浜海岸通の海側に、福岡フットボールセンターができていますが、
こちらもまだ練習場なんですかね?

藤枝から福岡に移転してきたときは、実家の近く、今津運動公園でも練習していて、
昭和バスの緑町でしたっけ?今津と大原の間のバス停が最寄で、
アビスパ関連の落書きが待合室に書いてあった記憶があります。
こちらも、今でも練習していたらすいません。まったく知識がないもので。



本数はまあ、こんなもん、と感じられるようになりました。
国鉄時代、分割民営化にあたって、
都市近郊ローカル線の適正頻度は40分スパンといわれていて、
香椎線がそんなに増えても誰が乗るんだろう、という空気だったのですが、
その頃から比べれば、頻発といえる本数になっています。



こうやって、無人駅であるここでも、
両方向の列車が出会うくらいですから。



海の近くだからでしょうか、ただ単に雨ざらしの危険があるからでしょうか、
ICカードの読み取り機が、ビニール袋に覆われています。


同じカテゴリー(福岡黄)の記事画像
みどりが丘団地入口
福工大前駅入口
青葉五丁目集会所前
八田踏切
藤棚祇園山笠
志賀島局前(郵便局)
同じカテゴリー(福岡黄)の記事
 みどりが丘団地入口 (2016-11-26 17:34)
 福工大前駅入口 (2016-11-17 22:20)
 青葉五丁目集会所前 (2016-11-10 21:28)
 八田踏切 (2016-11-01 17:17)
 藤棚祇園山笠 (2016-07-31 06:06)
 志賀島局前(郵便局) (2016-07-30 06:06)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡黄
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。