地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年10月30日

橋本駅前からのミニバス


「橋本駅」



これまでのバス停ロータリーではなく、北側にあるもうひとつの方にも、



バス停が立ちました。



村上華林堂病院から北上して、壱岐団地の外周を廻るAコースと、
藤ヶ丘団地方面、坂の住宅地の上まで登るBコース。
Aコースは、既存の野方や大河原バス停からも近いせいか、
私が乗ったときも、その前回も乗客ゼロだったそうです。
Bコースは、バスが近くまで来なかった住宅地の中を走るため、
橋本駅からの乗客6人、橋本駅までの乗客7人と、なかなかの利用。



いまは、両コース似たような本数ですが、
Bコースの方が早く機能するのかもしれません。
平日になって、村上華林堂への通院利用が出ると、また違うのかも。
でも壱岐団地から、片道200円で病院までってのは、
ちょっと割高感があるように思います。

nimocaの乗継割引は適用されるので、
90分以内に帰れれば、片道は160円換算になります。



橋本駅からは、もともと各病院への送迎バスがあり、待合スペースも設けられているので、
この辺に循環バスの案内板も一緒に掲げれば、より親切でしょう。
新規の橋本駅バス停ロータリーは、屋根も椅子もありませんし。
逆に、新規のバス停には、もうひとつバス停があることを書いておかないと、
「1」や「1-2」で金武や姪浜方面に行くバスを利用したい人が、迷うかもしれません。



スマートループ塗装のハイエース。美しいですw
告知でイメージ画像は見ていましたが、
現物を見ると、何か理由もなく笑いが出ました。



土日祝は、ハイエース1台で両方のコースを交互に廻るダイヤです。
平日はAコースだけ、中型車両が充当されるようなので、
また近日中に戻って来たいと思います。


 
飯盛山を正面に見ながら、バスは橋本駅を出発します。
ただ、ハイエースは前面眺望があまりよくないので、
景色を楽しみながら走るのが難しいのは、すこし残念です。

野方三丁目から二丁目の区間で、かなり狭いところを走るので、
Bコースの方はハイエースでないと走れないでしょうから、やむをえないですけど。


同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
四箇地区
愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。
昭代三丁目旧西新駅前
室見五丁目
室見川筑肥橋
愛宕一丁目都市高速下じゃないほう
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 四箇地区 (2017-12-15 21:13)
 愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。 (2017-12-11 20:02)
 昭代三丁目旧西新駅前 (2017-12-06 16:16)
 室見五丁目 (2017-12-05 16:16)
 室見川筑肥橋 (2017-12-04 21:02)
 愛宕一丁目都市高速下じゃないほう (2017-12-03 20:21)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)福岡青
この記事へのコメント
スマートループカラーのハイエース、なんだか違和感ありますね(^_^;)
それにしても、200円は高すぎますよね!?
東京の代官山を走るミニバスでも、1回乗車150円、2人目以降は複数人乗車割引が効いて100円になるっていうのになぁ(*_*)
Posted by あかずきんくん at 2011年10月30日 14:04
何か、いけないものを見てしまったような(笑)、
西鉄がとうとう、こんなものに手を出してしまったかと。
産交が同じようにハイエースを自社塗装にしたときも、
同じような感覚に陥ったのですが。

ご縁がありまして、本日も2日続けて乗ってまいりましたが、
昨日や今日に乗り合わせた、Bコースの沿線住民の中には、
けっこう橋本駅までの区間でタクシー利用をしていた人が多いようで、
その費用と比べると、格段に安い、って認識を得ているようです。

それから、社会実験ということを意識している方も多く、
せっかく走ったんだから、できる限り乗らなきゃと、
昨日も今日も乗った人に出会いました。
もしかしたら、Bコースの方はうまくいくかもしれません。
団地巡回のほうは、まだ乗客に出会ったことがないですw
Posted by ちょんびん at 2011年10月30日 20:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。