地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2011年10月31日

野方三丁目第一~第二


藤ヶ丘団地バス停近くの交差点から、西側に向けて、
一昨日からミニバスが走るようになっています。



道路からだとバス停の存在はわかりづらいです。
写真左側の電柱、速度標識の下にある、赤いテープが目印。



福岡ではほかでお目にかかれない、電柱に貼られたバス停標示です。
歩道に新しくバス停を置くと、通行が阻害されると思う人がいるんでしょうか。



「野方三丁目第一」です。



まっすぐな坂道を登ってきて、



また同じように赤いテープが見えたら、そこが「野方三丁目第二」です。
先ほどの第一がテープ1本で、ここが2本なのは、
バス停の名前と関連づけているのでしょうかね。
このあとバスはさらに登り、てっぺんの集会場を経由して、



ひとつ北側の道を下って、戻ってきます。
同じような風景が続く住宅地では、どこで曲がるのか分かりづらいので、
交差点に矢印が掲示されています。
写真右側、樹に埋もれたカーブミラーの付け根です。



左折して、突きあたり、



住宅地として開発された時期が違うのか、高低差があり、
そこを繋ぐ道をバスが走るようになりました。



こんな狭い坂道なんで、小型車両でしか走れない区間です。
ハイエースに乗って前がよく見えれば、もっと楽しいでしょうに、惜しいですw


同じカテゴリー(福岡青)の記事画像
四箇地区
愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。
昭代三丁目旧西新駅前
室見五丁目
室見川筑肥橋
愛宕一丁目都市高速下じゃないほう
同じカテゴリー(福岡青)の記事
 四箇地区 (2017-12-15 21:13)
 愛宕浜営業所、能古渡船場ではなく。 (2017-12-11 20:02)
 昭代三丁目旧西新駅前 (2017-12-06 16:16)
 室見五丁目 (2017-12-05 16:16)
 室見川筑肥橋 (2017-12-04 21:02)
 愛宕一丁目都市高速下じゃないほう (2017-12-03 20:21)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)福岡青
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。