地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年02月24日

馬草野


朝日を背にした「馬草野」バス停。よい眺めです。



街→郊外への朝の送り込み便は、回送のところも多い中、
人吉からここまでは、朝いちで訪問することができます。



月曜と木曜だけ、3往復走ります。
人間の生活って、そんなに曜日限定でサイクル化できるもんなんでしょうか。
バスしか移動手段がない人は、
買い物も病院も何かの手続きも、みんな月曜か木曜にするしかなくて、
どのくらい不便なものか、慣れれば特に支障も起きないものなのか。



バスは走ってきたままの向きで待機して、
写真奥の方向へ戻っていきます。



まだ先にも家は見えますし、なぜここが終点になったのやら。
ちょうど転回できる空き地を提供してもらえたから、
なんとなくここが終点として設定されたような感じを受けます。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
小村
柳谷
小国産交2017
小国中央
高尾野入口
波居原鬼渕
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)
 小国産交2017 (2019-01-13 17:17)
 小国中央 (2019-01-12 18:18)
 高尾野入口 (2018-12-24 21:30)
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。