地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年03月09日

あしきた青少年の家


海が見えて、きれいな砂浜があって、
その向こうの岬、高台に見える施設が、



「あしきた青少年の家」。

吉尾白石古石長崎百木葛俣と廃止になった芦北町内で、
わずかに残る終点バス停です。



バスでここに来るのは、これが最初で最後かもしれないねえ、
なんて感傷に浸る余裕もなく、わずか数分の滞在で、折り返しバスで帰ります。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
草部北部農協前
今村
中村
小村入口
小村
柳谷
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 草部北部農協前 (2019-01-19 17:17)
 今村 (2019-01-18 17:17)
 中村 (2019-01-17 17:17)
 小村入口 (2019-01-16 17:17)
 小村 (2019-01-15 17:17)
 柳谷 (2019-01-14 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。