地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年03月20日

招川内


水俣市の、湯の鶴温泉から登ってきて、



峠を越えれば、もうすぐ出水市、鹿児島県。
現在は県境を越えるバスは走っていませんが、
昔は出水の中心部から、湯出下村まで南国バスが走っており、
産交バスと接続していました。



そこに、今回バス路線が復活、



といっても水俣市内部分だけなので、受託したのは産交バス。
もともと南国バスが走っていた場所のため、
みなくるバスが走り出してからも、権利問題の柵があって、
路線ができるのが遅れていたのではないかと推測します。



終点は、「招川内」と書いて、まんぱと読ませます。
まねきがわと呼ぶか、まんばと呼ぶか、
地元の方でも意見の分かれる場所だそうです(笑)。

熊本県の南端ですので、すでに薩摩語圏で、
現状の日本語とは語源が違うんですかねぇ。
由来を推測しようにも、とっかかりすら見当たらない名前です。



近くに架かるのは、まねきかわはし。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
高森町民バス尾下線記事行方不明
多々野2016冬
色見入口
高森駅焼肉松雲
茗ヶ原入口
祇園橋
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 高森町民バス尾下線記事行方不明 (2017-06-28 18:12)
 多々野2016冬 (2017-03-01 16:16)
 色見入口 (2017-01-19 22:42)
 高森駅焼肉松雲 (2017-01-17 00:02)
 茗ヶ原入口 (2017-01-16 21:37)
 祇園橋 (2017-01-02 22:04)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。