地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年03月21日

草枕温泉てんすい


柑橘類の山、



その先に大きな干拓地の畑、海の向こうに雲仙。



高台の中腹にある、温泉施設。



「草枕温泉てんすい」。
夏目漱石が熊本在住時代に、ここ天水町の小天温泉に旅をし、
それが小説『草枕』として発表されたことにちなんだ名前です。



バスでやってくることは、あまり期待されていないのか、
わずか2往復の設定。



有明海をバックに、坂を上ってくるバス。



この芝生斜面の上にお風呂があるので、
あまり高い場所からバスを狙おうとすると、
撮ろうとしているものを勘違いされて、変質者と見做される恐れがあります。
バスばかり追いかけている時点で、かなり変質者であることは間違いなく、
女性の裸にも興味は多々ありますが、誤解されないように気をつけたいものですw



玉名と熊本を、海沿いで繋ぐこの路線、
ぜひこの草枕温泉複乗の、伊倉旧道経由を狙って乗ってください。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 17:17│Comments(2)産交バス
この記事へのコメント
この、有明海と雲仙をバックに登る産交バスの画、最高ですね!

干拓地に海に雲仙にみかん山と揃って、しかも沿道には桜の木。ということはもう撮りに行くしかないでしょう♪

実はいまだに草枕温泉乗ったこと無いので、「先乗後撮」のこだわりに則って、この週末にでも事前に草枕温泉に乗っておこうと思います。
Posted by ハンズマン at 2012年03月22日 20:25
ここ、バスの運行具合によっては、
午前便がこのあたりですれ違うことになると思います。
桜の季節にそうなれば、いうことなしですね。

先乗りしようとすると、両方向のバスが近接しているため、
撮影チャンスが午後便しかなくなると思いますが、
素敵な写真を期待します。
Posted by ちょんびん at 2012年03月23日 00:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。