地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年04月12日

岩尻


山鹿と玉名の間、「岩尻」。
3系統あるうちの、東郷農協前経由だけが発着するバス停です。

山鹿と玉名の相互移動は、県道16号線が整備されているのですが、
産交バスの路線は、どれもまともに直行する気がないかのように、
わずかな民家の集落を求めて、旧道を走ります。



大型バスが走るには、けっこう苦労しそうな道幅なのですが、
このあたりのバス路線はどこもこんな雰囲気なので、
ありがたみが薄れてしまっています。感動を忘れてはならないと自省。



バスが通らない道が、いちばん広く整備されています。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
波居原鬼渕
猿丸
竹の熊千光寺荒倉2017
めぐり渕
吉原公民館前
星和公民館前(小学校跡)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 波居原鬼渕 (2018-11-06 17:59)
 猿丸 (2018-11-01 19:19)
 竹の熊千光寺荒倉2017 (2018-10-28 17:17)
 めぐり渕 (2018-10-27 21:38)
 吉原公民館前 (2018-10-25 17:17)
 星和公民館前(小学校跡) (2018-10-23 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。