地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年05月05日

物部柿瀬


道がカーブして、見通しの悪いところに「物部」。



もとは川に沿って遡上し、川幅が狭くなってから渡るルートだったのでしょうが、



ダム工事によって新しい道になり、
橋とトンネルでまっすぐに通り抜けます。



トンネルを抜けると、さらに橋が見え、



現在の「柿瀬」バス停は、新道と旧道の分岐点に、ひっそりと。



奥に集落があるのでしょう。
現在は使われなくなった待合室が、旧道をほんの少しだけ入った場所に。

ここで、完全に日が暮れました。


同じカテゴリー(大分交通)の記事画像
院内支所前
麻生と麻生金山
月の俣再確認
大坪
西椎屋2017
安心院2017
同じカテゴリー(大分交通)の記事
 院内支所前 (2019-01-29 07:07)
 麻生と麻生金山 (2019-01-27 07:07)
 月の俣再確認 (2019-01-26 07:07)
 大坪 (2019-01-25 07:07)
 西椎屋2017 (2019-01-24 07:07)
 安心院2017 (2019-01-23 07:07)

Posted by ちょんびん at 05:05│Comments(0)大分交通
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。