地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年05月26日

西原交差点


西鉄と産交の共存区間、四ツ山と荒尾駅の間、「西原」。



もとは荒尾市営バスが走っていた場所で、
産交バスも、飛び抜けて本数が多い、というわけではないですが、



広大な路線図の左端、という位置で、
いろいろな場所に行けそうな期待感があります。



四ツ山での転回省略のため、バスは行きと帰りで別経路。
バス停の名前も、四ツ山発が発着するのは「西原交差点」。



西鉄の方は、



三池中町まで2系統あって、きれいな均等ダイヤ。



でもダイヤ改正の掲示方法を見ると、あまり扱いがよくない様子。



バス自体は、そんなことお構いなしに走ってますけど。


同じカテゴリー(大牟田)の記事画像
荒尾駅前のバス
荒尾駅前
西原
大牟田駅西口
帝京大学福岡キャンパス
石炭産業科学館
同じカテゴリー(大牟田)の記事
 荒尾駅前のバス (2016-05-23 23:23)
 荒尾駅前 (2016-05-23 19:19)
 西原 (2016-05-21 17:17)
 大牟田駅西口 (2016-05-20 17:17)
 帝京大学福岡キャンパス (2016-05-19 21:08)
 石炭産業科学館 (2016-05-18 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(6)大牟田
この記事へのコメント
お久しぶりです…最近転職して、九州に戻ってきました(^-^ゞ

この辺り、なんどか訪れたことがあります。
地図見て気になりましたが…あれ、この辺、ダイエーかなにか、大きなスーパーがありませんでしたっけ?
その場所が「マルハン」になってたので、ビックリしちゃいました(^o^;)
Posted by あかずきんくん at 2012年05月26日 07:41
はじめまして。MIYUKIと申します。

このバス停は珍しい存在だと思います。
(熊本仕様であり、西鉄と産交の共同使用であることから)

久留米にも西鉄堀川共通のバス停がありますが
仕様が違いますね。

共同バス停には会社柄、地域柄が出るように感じます。


この付近には以前、ダイエー荒尾店がありました。
閉店してもう5年ほど経つでしょうか・・・。

そこそこ昔はにぎわっていた所でもあっただけに
静かな町になったという印象を受けます。


これからも拝見させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by MIYUKI at 2012年05月26日 22:15
>あかずきんくん

MIYUKIさんからのコメントより、以前はダイエーだったようです。
私の記憶には、まったく残っていません。すいません。

フェイスブックの方で、地元の方からコメントをいただき、
以前は炭坑住宅が建っていた時代もあったそうです。
Posted by ちょんびん at 2012年05月26日 23:25
>MIYUKIさん、はじめまして。

バス停というのは、会社ごとに特色がありますので、
道端に立っているのを見つけると、
その地域に来たんだな、という実感が湧きますね。

ただバス停周囲の風景を撮りためているだけのブログですが、
御存知の場所がまた載ることを楽しみにして訪問いただけると、
存外の喜びです。
Posted by ちょんびん at 2012年05月26日 23:30
ソレイユと申します。
いつも楽しみに拝見しております。

最近、西原はバス停表柱が更新されました。

二社の共同使用は変わりませんが、産交仕様のバス停に
近いものになっています。

熊本県共通仕様のバス停から二社共通仕様のバス停へ。
(ここ西原と中区でしか見られない貴重な仕様です。)

更新の前後を比較すると、
利用者層、地域の重要度などの変化を感じます。

再び荒尾地区を訪れる機会がありましたら、
ぜひ観察されてみてください。
Posted by ソレイユ at 2014年07月26日 12:47
ソレイユさん、ご丁寧にありがとうございます。

特殊仕様の二社共通バス停ができたということは、
路線の改編も含めて、荒尾市の意図が入っているということでしょうか。
次回お伺いした際には、意識して拝見いたします。
Posted by ちょんぴんちょんぴん at 2014年07月27日 18:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。