地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年05月30日

太刀浦埠頭入口終点


門司港で、駐車場から出ようとしたら、「7」と遭遇。



「太刀浦埠頭入口」に先回り。
ひとつ先の太刀浦バス停だけが廃止となり、ここが終点になりました。
転回場を確保しておくコストをなくして、



終点に到着したバスが、



そのまま左折を2回して、



臨港道路を戻っていく、行きと帰りの道が違う系統です。



ほんのわずかながら、残っただけよし、という感じでしょうか。



慣れない左折で、バスが曲げたのでなければよいのですが。


同じカテゴリー(大牟田)の記事画像
祭りのあと
大牟田駅で「25」南関を惜しむ
落合(大牟田)
小原下
南関交差点と南関迎町
南関で「25」を惜しむ
同じカテゴリー(大牟田)の記事
 祭りのあと (2018-05-03 07:07)
 大牟田駅で「25」南関を惜しむ (2018-01-13 06:06)
 落合(大牟田) (2018-01-12 06:06)
 小原下 (2018-01-11 06:06)
 南関交差点と南関迎町 (2018-01-10 06:06)
 南関で「25」を惜しむ (2018-01-08 06:06)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)大牟田
この記事へのコメント
こんばんは。

7番の路線、ここまで残したのはいいですが集客状況が気になります。
工場とかへの通勤客は少なからずいそうではありますが、やはり病院への輸送で残っていたことを考えると何とも言えないです(汗

運行形態は楽にはなったでしょうけど(苦笑
Posted by あげ周防 at 2012年06月01日 00:28
こんばんは。

路線的にさほど長くもないですし、
この本数では、延べ人数でも大した利用者数にはならないでしょう。
それでもまあ、この写真を撮った日も降車客がありましたし、
貴重な足と思う人がいる限りは、多少でも走ってもらいたいと思います。
Posted by ちょんびん at 2012年06月01日 21:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。