地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2012年08月12日

久留米追分


1本ずつしかない、日田と高塚までの急行も律儀に表記された、「追分」。
こうやって見ると、「20」は吉井と浮羽行きしかなかったんですね、とあらためて確認。
さらに昔だと、杷木行きや日田行きと、より遠いところが終点だったわけで、
たしかに長距離設定ですよね。
田主丸や善導寺(ローソン常持)までの区間便ができるのも肯けます。
この区間便の流れは、「50」の相川止めなんてのに派生しませんかねぇ。心配。



都心向けの方も、こう律儀に分ける必要があるのかどうか。



路側帯の狭いスペースに立つバス停。
うちの近所でも普通に見られた景色ですが、
ふと気付いてみると、道路拡幅がおこなわれた場所が多いです。



自販機のさらに奥に、ベンチが隠れています。
ここに座ってバスを待つと、来るバスが見えません。



このあたりの地名は、山川追分。



マンションの玄関の一角を占有するバス停。



並行する線路も見えます。


同じカテゴリー(久留米)の記事画像
城島酒蔵びらき荒木駅
城島酒蔵びらきメイン会場シャトルバス
上城島有薫酒乃竹屋
上城島駅跡
池亀
萬年龜原田入口
同じカテゴリー(久留米)の記事
 城島酒蔵びらき荒木駅 (2017-03-01 16:16)
 城島酒蔵びらきメイン会場シャトルバス (2017-02-28 16:16)
 上城島有薫酒乃竹屋 (2017-02-27 16:16)
 上城島駅跡 (2017-02-26 16:16)
 池亀 (2017-02-25 16:16)
 萬年龜原田入口 (2017-02-23 21:21)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)久留米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。