地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2013年02月05日

うから館


南関の「うから館」。西鉄と産交が並立する、稀有な場所です。
ここの温泉は400円なので、とても手頃。
こんなところにも、方面表示の魔の手が(笑)。


同じカテゴリー(大牟田)の記事画像
祭りのあと
大牟田駅で「25」南関を惜しむ
落合(大牟田)
小原下
南関交差点と南関迎町
南関で「25」を惜しむ
同じカテゴリー(大牟田)の記事
 祭りのあと (2018-05-03 07:07)
 大牟田駅で「25」南関を惜しむ (2018-01-13 06:06)
 落合(大牟田) (2018-01-12 06:06)
 小原下 (2018-01-11 06:06)
 南関交差点と南関迎町 (2018-01-10 06:06)
 南関で「25」を惜しむ (2018-01-08 06:06)

Posted by ちょんびん at 09:04│Comments(4)大牟田
この記事へのコメント
大牟田からバスに乗って入りに来る人もちらほらいる場所です。
Posted by G3 at 2013年02月07日 22:36
筑後から車に乗ってくる人も、私以外にもいると思います笑。
Posted by ちょんびん at 2013年02月08日 13:14
ただ全体としては人が少なく、指定管理者制度から直営に戻るようです。
Posted by G3 at 2013年02月16日 12:34
なにかもうひとつ、ウリが欲しいところですかね。南関温泉っていうネーミングも流通してないですし、無難で普通すぎるのかも。
Posted by ちょんびん at 2013年02月18日 13:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。