地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2013年02月21日

中村大学前


「中村大学前」に天神ライナー、しかも「17」。天神行きませんけど。。。



「95」の存在を忘れがちな場所。
六本松まではどのバスでも行ける、ってなこと考えた時に限ってやってきます。



ちゃんと別府六丁目が書いてありますからw



桜の季節に、また来ましょう。


同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事画像
全体的に六本松
法務局前の日常
期待される六本松
蚕豆が見た六本松
黒門の車庫2017
天神バスターミナルでのハブ乗継
同じカテゴリー(福岡均一区間)の記事
 全体的に六本松 (2017-07-19 19:05)
 法務局前の日常 (2017-07-18 22:16)
 期待される六本松 (2017-07-17 22:00)
 蚕豆が見た六本松 (2017-07-17 21:59)
 黒門の車庫2017 (2017-07-10 07:07)
 天神バスターミナルでのハブ乗継 (2017-06-29 16:16)

この記事へのコメント
これ、城南線を通っていく19番や201番路線などは、六本松を真直ぐ行かずに
六本松西交差点を左折して草加江交差点を鋭角に右折して行くんですよね。
普通に六本松交差点を斜め右に曲がっていったほうが楽だろうに・・・
といつも思っています。
なぜあんなルートになっちゃったのかご存知でしたら、教えて下さい。

中村大学前は、桜の季節は良いですよね。
毎年待ち遠しく思っています。
ちなみに原(原通り)バス停の後ろにある大塩眼科のしだれ梅は
もう、2、3の花が綻んできていました。
楽しみな季節が近づいていますね。
Posted by akira at 2013年02月21日 12:59
推測ですが、

元教養部前の六本松バス停に停車してから、
右折車線に移動すると、全部の車線を阻害するからでしょうね。
混雑時は、別府橋を渡ったあたりから詰まってますので。

あとは、桜坂方面へ向かうバスが、
1箇所から出発した方が利便性が高い、ってことも多少あるかと。
Posted by ちょんびん at 2013年02月21日 18:22
なるほどですね。

確かに六本松バス停から六本松交差点まで、ほぼ200mくらいしか
ありませんから、それも一理あるような気がします。
清水四つ角手前の清水町バス停も、大池通り方面に曲がっていく路線は
バス停が直進路線より少し手前になっていますよね。
Posted by akira at 2013年02月27日 02:12
そうなんです。

西公園→大手門は、路面電車時代の名残で頑張ってますが、
あれも今なら、警察が認めない車線変更だと思います。
Posted by ちょんびん at 2013年02月27日 08:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。