地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年08月12日

博多らしさ(西鉄バス非公式時刻表2019)

東京ではコミケなるものが行われていて楽しそうですが、
人の多いところに敢えて向かっていくことが、今後あるのだろうか、という傍観者目線です。

さいきんバスヲタ同士での交流機会も増えまして、
これまでの人生では考えられないくらい多くの人と関わっておりますが、
基本的に付き合いの始め方も終わり方も分からない私です。

だからこそ物言わぬバスを愛しているのですから。



福岡に住んでいると、福岡らしさって難しいと思うのです。
あくまで他地域と比べての違いが「特色」なのでしょうから。



当方にとって、これは日常。
でも確かに、熊本と長崎と宮崎にバスが並んで出発していくの、博多らしいのかも。

福岡と博多の使い分けについては、ここでは述べますまい。



博多らしさとは別に、今の時期特有のものとしては、この地下鉄工事。



歩道橋の上から、おたふく駐車場方面。こちらも多彩なバスが。



鉄板としては、このバスターミナルに向かう回送車両の列も博多っぽさというか西鉄っぽさかと。



本当に僅かな時期だけでよいならば、こういう山笠時期のバスとこコラボもありかも。

てなことを考えまして撮影しました写真が、非公式西鉄バス時刻表の裏表紙に採用いただいております。
どうぞよしなに。  


Posted by ちょんびん at 10:37Comments(0)福岡均一区間

2019年08月11日

佐世保玉屋屋上遊園地


2022年の3月まででしたか、建て替えされることとなった佐世保玉屋、の屋上。



モノレール、大人も乗れます。昭和の匂いがして、幸せになれるので、2度も乗ってしまいまいした。



はしゃいでます、その1



その2



その3



豆汽車は子ども専用なので、この写真からも「乗りたい」気持ちが現れます。



こちらはさすがに、乗りたい!というものではないですが、こんだけ揃ってるのは素晴らしいです。



うちの両親や祖母は、こういった類のものを「こどもだまし」と評して、
あんまり乗せてくれなかったんですよね。

露店の食品も「不潔」として食べさせてもらえず、
それが今の「屋台のジャンクフーズへのあこがれ」に繋がっている気がします。



もう空気感全体が、令和でない感じ。



両替とか、



イルカとか。



ちょっと離れたところから、



ズームをかける矛盾。



こっち側は、人工の滝があるビアガーデンです。
撮影日は4月なので、椅子は並べられていません。



おみくじ、もちろんひきました。



祐徳稲荷が祀られてます。



佐世保の街も歩くと楽しいんでしょうが、すぐバスに乗っちゃうんですよねー(棒)。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)その他西肥バス

2019年08月10日

稲佐山


中腹にロータリー。



折り返し待機。



稲佐山。てっぺんではないです。登山口でもないです。



福岡で考えればどこになるのか、よくわからない稲佐山。



展望台はさらに上で、



ここから歩くのは大変。



駐車場。



バスあっち。



スロープカー



土日祝の夜景タイミングは、展望台まで無料シャトルバスが走ります。



歩いても20分、でも歩きたくないです。

怠惰なところばかり見せて、稲佐山を終わります。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス