地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年03月02日

諸田


終点に到着するローザ。



安岐に戻る前の、つかの間の休息。



旧道の途中。でも集落が途切れるあたり。



そして街へ戻ります。



諸田。



コミュニティバスが同じ経路を走るとしても、何かが違うのですよ。
そして今こうやって振り返っても、惜しくて仕方のない路線終点です。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)国東観光

2021年03月01日

玉名駅前


玉名駅前からの荒尾方面が2系統になって、
でも幹線は平日毎時1本の均等ダイヤなので、非常にわかりやすくはなっておりました。
当方は少ない本数と狭い道にそそられる変態なので、長洲経由にすぐ乗りたがるわけですが。



まあ全く別のところを走るといっていいと思います。



市街地循環にはそそられないというか、興味はありますけど後回しになるというか。
あと高宮循環のように、車両が小さいわりに乗客が多いと迷惑になるので遠慮します。
閑散区間で誰も乗っていないなあとひとりごつのが作法だと勘違いしていますため。



駅と温泉街は歩くのに負担感のある距離のため、市街地系統は必要だと思いますが、
さて熊本からの直通便が市街地を遠回りしていた時代にまともな乗客を見ていないのでなんとも。



というのが、もともと岱明鍋とか横島明豊とかも発着していたほう。



消されてるのはそっち方面ではなく、もっと昔の大牟田でした。



こちらの薄い文字は見えます?



駅前です。



そして反対側へ。この撮影の時は長洲経由改廃ではなく、
桜町開業による新しい系統番号をちゅうもくしに行っています。



玉名駅前。



熊本方面、植木とか



河内とか、あと山鹿南関への充実した系統。
生活していないのと、日祝日しか訪れないのとで見落としがちでしたが、
けっこう山鹿地域からも玉名高校へ通学者がいるんすね。
米野岳と東郷が近接して夕方山鹿に行くなあと思ったら、高校生需要でしたか。



立派な時刻表。



白飛び対応。



西11でよかったような気もしています。



廃止になったのは、バイパス経由のほう。



草枕温泉複乗もなくなりました。



山鹿は3系統健在。



江田へのアプローチも、月田と川辺田と山辺田と3系統。
むしろ植木への3系統が先に消される運命とは。



こちらのほうがバスに対する依存度が強いのかもしれません。



南関上町へ。



なくなった船島と梅林。



大学があると通学路線は残りますね。若者が街の賑わいも醸してくれると尚良。



山鹿に番号は必要ないと思います。
東郷経由か下津原経由か米野岳経由かで乗り分けていて、
むしろ米野岳なのか米の岳なのか表記が揺らいでるほうを気にします。



河内方面はどの経由地でも西11でした。



まあそういうことを、



記録しておいてよかった、と10年後に思えたら、このブログの存在意義となります。



それまで生きてるかどうか分かりませんけど。
今後は死んでることが不幸なのではなく、生きていたらどうやって凌ぐかを危機として、
回避方法を準備しておくほうに重点が置かれることでしょう。



シティモール。



草枕温泉経由西11。



青と白と青。



T1-3という「誰もが理解可能だけれど、だれも理解しようとしない」のは、
ユニバーサルデザインとは呼びません。



漢字がダメならむしろ、系統番号を「KYO12」とか「NIS11」とかにしちゃえばいいんすよ。
アルファベット一文字にちゃんと思いが載せられているのは、香椎浜ランプ経由のBくらいなもんです。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス

2021年02月28日

大坪


どこにも人がいないように撮られる大坪。



待つのは猿か狸かトトロか。



でもバスは数人の小学生を載せて、毎日決まった時刻に走っていました。



しかし9月という中途半端な時期に廃止になったということは、
小学生の通学手段さえ担保されてしまえば、それ以外に使う人がいなかったということでも。
いや大人が誰も乗らないから、小学生の通学時間帯以外に走らなくなったのか。

https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2060974.html

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分交通

2021年02月27日

仲絶


かつては西鉄バスだった「中絶」。
なかだえと読むんですが、あまりに字面に負の印象があるのか、「中だえ」と開かれたりしてました。
みやま市のバスになって、「仲絶」とにんべんがつきました。
ちなみにキャラクターはふなっしーです’(違います)。



日曜日は走りません。



新船小屋まで。



国道208号線です。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大牟田

2021年02月26日

田中大野支所


待機する1092。



待機する1092。



待機する1092。



降車場。



建物。



表通りにバス停。



田中。アクセントは、「た」なか。貴方ではなく彼方。



拠点性の高さと、名前の平庸さが対照的でしたが、やまびこ号に逃げられました。



基本的には三重との往復。



隣の道の駅までと見せかけて、そのままうやむやに大分県庁まで行くものも。



安藤ゆきなんですけど安藤は終点でもありません。



長距離特急が発着していた名残は、



待合所。



三角が六角になった57。



こちらはコミバス。



大野支所。



週2日ずつ。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス大野竹田バス

2021年02月25日

岩戸


よくまあここにトンネル掘ろうと思ったな、とともに、迂回するわけにもいかないよなと。



これがバス通り。



これは路線バスではありません。



バス停との位置関係。



岩戸。



そして豊肥本線。



岩戸です。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス大野竹田バス

2021年02月24日

天神協和ビル前から快速廃止


世間に西鉄バスの素晴らしさを伝えたくて始めたこのブログですが、
福岡市民はこのブログの存在などまったく関係なく、
無意識に西鉄バスの素晴らしさは肌で感じていますので、記事更新は本日をもって終了いたします。

てなことを書いたところで世界は終わることもなく、
緊急事態宣言の2月7日終了がどうなるのかも決定していない時点で書いておりますので、
もしかしたら今頃呼吸器不全で生きていないかもしれませんがあしからず。

いやなんの目的もなく「やめるのがなんとなく惜しい」くらいのほうが続くんじゃないかなと。



快速13はこのとき消えてません。



じゃあ廃止じゃないじゃん、ってツッコミを入れる労力は、もっと社会的に役にたつことに使ってください。



ただの行先表示蒐集になってますね。
こういう時に営業所と車号も一緒に記入すれば、あとから文字検索が楽なんですが、
「特定の車両を見つけたくて苦労する」ほど単一車両に愛を向けていない昨今です。
私の勤勉がどうこうなるより先に、画像検索が番号まで読み取ってくれるようになりませんかね。



片江8108。



とイントロのつもりで引っ張ってきましたが、当該快速が出てきません。
これは各バスの行先番号に言及しておくべきものだったようです。
撮影日、分類して記事タイトル、そして本日の本文記載とまったく別の沖浜がおこなっておりますため、
過去の自身が想定したものとまったく違う何かが生み出されている可能性があります。



51柏原



52長住六丁目



なくなる系統は、快速51。



これですね。



ほんとうは快速52も系統廃止なんですが、
この訪問時刻ではすでに当日の運行は終了しております。



12片江営業所。



57柏原営業所。



52桧原営業所。



この撮影は2019年なので、まさかこんなに海外が遠くなるとは思いもせず。



14時48分の快速51撮影時点で、すでに快速52の運行は終了しております。
通勤通学時間帯の速達として走るのではなく、
需要が少ない時間帯に営業所へ戻るものを快速にしたような運行状況。



ほかいい本数走ってますけど、



現状では、減ることはあっても増えることは考えづらいのが寂しいですな。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡均一区間ダイヤ改正