地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年07月05日

正覚寺下


長崎路面電車の終点、正覚寺下。



さるく



川の上の行き止まり感。



正覚寺下。



正覚寺下。



現在、崇福寺、になっております。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)

2020年07月04日

大浦天主堂下


長崎バス 大浦天主堂下。



石橋のひとつ手前、単線になった先、という認識で把握している福岡県民。



5番といえば石橋ゆき、なのに写真は蛍茶屋。



大浦天主堂下。



単線ですが、降り口と運賃箱など運用の都合から、ホームは両方にあります。



交差点も大浦天主堂下。いまは電停だけ大浦天主堂になってます。
弁天橋よりは分かりよいですが、記号にするか歴史を残すか、判断は都度変わりますね。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2020年07月03日

原5138チョロQ


車内装飾。



太宰府高校芸術科作品。



丁寧な仕上がり。



外見も。



まほろばと。チョロQも少しずつ貴重になってまいります。



側面。



うしろ。




引退への餞かと思ってましたが、けっこう丈夫でありました。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)二日市

2020年07月02日

佐世保駅前西肥バス


立体駐車場の下で待機する、大野吉井経由の江迎、まっすぐ行くイメージですな。



見張る台。


タワーらしい。


長崎県営バス。



西鉄。



路線車



突っ込みます。



並びます。



させぼ号



転回。






こういうのが、



年代物になるってのはもう、トシをとりますよ。



追いかけ。

見送り。



最後まで。



海風。



西肥比率の低い、偏った車両紹介になっておりますな。



佐世保市交通局の文字も消えました。



夕方。



福岡へ向けて、




出発。

平成最後の年の瀬でございました。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)西肥バス

2020年07月01日

佐世保市営バス佐世保駅前

2018年撮影の佐世保駅前です。まあずーっと読み流していただければいいのかと。


佐世保市交通局



松浦町→花園→高梨循環



西小島 赤崎団地



展海峰



日野峠 相浦桟橋





天久保



京町→高梨→花園循環



高台の車庫






パールシーリゾート、日野を越えての九十九島水族館



木風町



弓張岳展望台



清水循環















あとバス停。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)佐世保市営バス