地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2022年05月14日

見六


極端に道が広くなり、まっすぐになりました。



旧道との距離が近くて、まだ橋も道路も境界があやふやなまま



田園風景



同じく



旧橋



向かい合うバス停。



見六



後藤寺から伊田経由で金田へ。



並立



折り返しなので、基本的に同じ本数ですね。



福祉バスも。



時刻表は白紙ですが。



この坂、もっと隘路で、「こっちかい!」感がありましたが、スムーズに走れるようになっています。

  


Posted by ちょんびん at 12:55Comments(0)筑豊

2022年04月19日


踏切を渡る風景が、永遠に続くといいなあと想いつつ。























































庄。

  
タグ :西鉄バス


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊

2022年04月18日

西添田駅口










西添田駅。







































線路沿いの細道がバス通りです。住宅が並んでいて、鉄道の気配はありませんが。




  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊

2022年04月09日

鯰田駅


降車客。



横断







待ちづらいw



鯰田駅



吉北団地ゆき








  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊

2022年03月19日

毛勝

2019年8月25日撮影。
廃止になって久しい毛勝ですが、未掲載があったので思い出として



















全体にキャプションを付けると手が回らなくなっているので、
写真だけ更新になっても生暖かく見守ってください。
  


Posted by ちょんびん at 09:09Comments(0)筑豊

2022年03月14日

彦山駅

2020年5月撮影の彦山駅です。
日田彦山線がBRTになることが決定し、改良工事が入っているので、
今はもう建屋もありませんし、景色も変わっていると思います。












































  
タグ :彦山駅


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊

2022年02月09日

直方PA口


直方パーキング入口。



高速道路の駐車場は、上り方向が直方に、下りは鞍手にあって、
かつては高速バスの停留所も上り下りで大きく離れていました。
でもそうすると、乗ったところに帰って来られないのが不便と判断されたのか、
今はどちらも高速直方パーキングに停まります。下りの位置は拡幅された路上で。



そしてその高速道路に沿う形でバス停が設置され、
上り下りそれぞれに近い位置で乗降できるようになって、



ふたつの直方PA口が。



時刻表の設定がどうなっていたのかは、突き詰めないままに廃止となりました。



路線バスと高速バスの相互乗り継ぎって、本数が担保されないと難しいですわな。



てなことを考えているときはバスが来るんですけど、
実際に利用しようとすると来ないんですよバスって。



ふたつのバス停の距離感。



仕様の違いはなさそうです。



そもそも、こういうガード下を通ってバスに乗りに行くこと自体が怖いような気もします。
体重100キロをはるかに超えてるおっさんですらそう思うので、
華奢な若い女性なんてのはもう、バスみたいな公共交通なんて都心でしか利用できませんわな、そりゃ。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊

2022年02月05日

内ヶ磯


道路の広くなったところなのか、専用の転回空間が設えらえたのか、微妙な見た目。



駐車禁止という主張。



かつては国鉄バスと西鉄の別系統運行でしたが、



西鉄側の路線が廃止になり、国鉄系の路線を西鉄が継承し、最後にそれも廃止になるという経緯、

内ヶ磯
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1995972.html



最期は毎日4本でした。



夕暮れて、



内ヶ磯。



別の日に終点の手前から。



折り返し、直方へ戻るバス。



またバス走りませんかね、ここ。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊

2021年12月21日

尾勝


畑の向こうにぽつんと立つバス停を表現したかったのですが、小さすぎてどれがバス停なんだか。



これですよ。



直方へ。



2020年9月30日廃止。



百合野の市内バスは走ってますが。



尾勝



個人宅のためのような待合。



こちらは筆書きが存命。



ここから繁華街へ向かう場合、直方なのか宮田なのか。



日祝はもう閑散としていて、



宮田と直方の相互連絡はJRバスのほうが圧倒的に近道なわけで、仕方ないのかも。



西鉄バス路線が消えるのは悲しいです。



勝野駅まで歩けない距離でもなくて。全ての公共交通機関を残すのは難しいですね。




情緒的になりながら、バスを見送ります。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊

2021年09月24日

新北(75廃止)


直方と赤間を結んでいた75番の、主要途中バス停新北。



ちょうど真ん中か、ちょっと直方よりくらいですかね、印象としては。



平日も日祝日も変わらない10往復を一気に廃止する改正。



赤間ゆき。



見送り。交差点から向かって左、南側そう遠くないところに八尋駅がありました。



赤間方面。



イメージ通り。



10本。



一文字バス停を記録したくて、すっかり暮れてから「島」。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊