地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年02月19日

第二保育所


終点だった第二保育所。



平成30年10月1日の廃止前撮影も、掲載しないうちに令和へ。



代わりに嘉麻市のバスが走り、



利便性としては、どうなったんでしょうね。



1日数本とかではなくて、これだけの本数を一気に廃止したわけで。



公共交通に関する取り組み状況市民説明会
いっきに変換してみましたが、ちゃんと送り仮名まで含めて忠実に再現されました。



もとの臼井駅。



砂利の駐車場なんかで、水たまりがこれ以上抉れないようにチェーンを投入するの、
昔はあちらこちらで見られて懐かしいと感じたのですが、きっと今の若者には伝わりません。
伝わった人はこちら側。



三叉路の真ん中に、広い敷地。この写真の左側道路は線路跡。



これですな。



これですよ。



こちらが元からの道。



バスが飯塚方面に向かう方向。



合流手前にバス停。



キャッシュサービスコーナーがあるところには、もともと金融機関の店舗があったのか、
さあ記憶をたどっておりますが、何も思い出さないでございますよ。

前回掲載の記事すらきれいさっぱり忘れてますからね



バス停がなくなると、通り道でもない限り、なかなか訪問することもなく。



バスがこうやって、



いてくれるおかげで。



ここにも、



来てたわけですが、



さて、今はどうなっていますか。
嘉麻市のバスが不通に走っていて、何も変わっていない可能性もそこそこ。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊

2020年02月18日

吉隈


住宅密集地を抜けて、



病院やら商店やら。



吉隈、町の中心って雰囲気ですね。



飯塚へのバスを待つ客がいました。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊

2020年02月17日

笹尾橋


笹尾橋、



廃止バス停。



市バスが代替で。



けっこうな本数。



集合住宅。



バスが来て、



吉隈方向へ。



折り返して戻ってきます。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊

2020年02月16日

弥栄


Bsuをどう発音するかはおいといて、



弥栄バス停。



桂川町のバス停と並んで。



ひまわり号



平成30年10月廃止。



毎時1往復の路線を、一気に空白にする変更でした。



飯塚オートはどうなったのやら。



これがひまわり号。



Bsu交差点。


これが西鉄バス、そしてヤマザキパン。書くほどのことでもないですな。




  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(2)筑豊

2020年02月15日

天道駅


天道駅。



系統いっぱいあったのですが、



「21」済生会病院(飯塚病院)は日祝日休みですし、「28」は廃止になりましたし、あとは「27」だけ。



駅前すぐです。



最後の砦「27」って済生会病院は廃止になってませんけどね。





貴重な1日1本の嘉穂総合高校経由を撮ったつもりが、総合高校経由は増えるという(笑)。

前回は14廃止を惜しんでいたので、次の掲載は全廃のときなのかも


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊