地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年04月07日

「新」大手前

旧大手前
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1547036.html



新しいバスのりば。



ひとまわりして出発する経路。



バスおりば。



大分空港、佐臼ライナー。



大分方面、そして弥生野津方面。



大手前から駅方面、そのまま先は葛港と蒲戸。



米水津、鶴見、蒲江。



直川、宇目、本匠。ここがいちばん手薄になりましたかね。



一列に並んで、向かいには駐車場。



すでに走らなくなった、小野市いき。



バスの窓口と、全体の時刻表。



さわやかな待合スペース。



次々と走り去るバス。



西工トップドア。



サウスライナー、大分空港、大分交通便。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス

2020年04月06日

佐伯駅前

2014年にも撮ってます
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1263189.html


いつもの駅前。



佐伯駅前。



葛港と蒲戸。この後にダイヤ改正があり、鶴見や米水津は末端部が廃止されましたが、
大浜入口行きは2往復健在です。固定利用者がいるんでしょう。



佐伯駅前停留所。



小野市と直川と虫月と床木と丸市尾と宮の浦には直通がなくなり、
残ったのは大分と蒲江と鶴見。



宮の浦ゆき。



記念に路線図。



すでにこの時点で廃止になっていた系統や、



途中の枝線だけが廃止になっていたもの。
その後、鶴見の中心部より先は全部消えましたが。



大分がほぼ毎時1本であったことなども、10年たてばどうなっているか。



木浦鉱山には乗れずじまい。それを嘆いていたことも遠い過去。



蒲江も2系統あったものが、先で交わることはなくなり、西の浦止めと青山経由の蒲江止めと。



大手前も大きく変わりました。

旧大手前

新施設はそのうち。



南向き。



蒲戸いき。



診療所までも、今はいかなくなっています。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(4)大分バス

2020年04月04日

臼杵港フェリーターミナル


大分バス、臼津交通、大野竹田バス。臼杵港フェリーターミナル。



ここを始発として、大分県庁と三重町。



バスのスペース。



船を待つ人たち。



賑わい。撮影は一昨年のGW。



なぜ私はこんなに待合室を記録しているのでしょうか。2年も経てばすべては闇の中。



八幡浜まで、2時間あまり。宇和島運輸フェリーと、



九四オレンジフェリー。



船。



タクシー。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス

2020年04月03日

監督署


構内進入。



回って、



監督署。



臼津交通、大野竹田バス。



バス進入路。



回転場。



壁にも。



監督署。



臼杵と犬飼と、あと田中あたりから。三重にバスが集ってきます。  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス

2020年03月16日

小野市病院


木浦鉱山系統が廃止になったあとの終点だった小野市病院。



夕方便はどこかへ回送されていきましたが、ここに待機しているリエッセがいました。



かわいい。



隘路好きとして、車が小さくなれば道路の余白が増えるため、大きいほうを望むのですが、
もうバス車両ならなんでもいいような気もしています。
さらにランクが上がれば、ハイエースでも幸せになれるはずです。



カーブミラーに並んで立つバス停の残骸が、寂しさを醸します。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス

2020年03月15日

楢の木


回送する西工。佐伯の中心部まで走るのだとしたら、もったいないことです。



でも誰も乗らないのだとしたら、営業運転はもっと損失なわけで。



楢の木。小野市の中心部と病院の間、旧道の途中バス停です。



2018年9月末で廃止。



直川振興局までは走るんですね。



木浦鉱山、行っておけばよかったなあと思います。
路線探訪に関して、お金を費やした後悔は生まれませんが、
無理して行かなかったことはよく後悔します。

そして小野市までに短縮されたと思ったら、こんどは直川まで。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス

2020年03月14日

うめタウン326


小屋の脇、複合商業施設の一角に、



うめタウン326のバス停。326は国道番号です。



佐伯葛港と小野市の往復のようになってますが、ここは小野市よりも先になります。



小屋はトイレ。



車は疎ら。



うめタウン326。



からあげうまそうだったんですが、声をかけても誰も出てこなかったので買いませんでした。
田舎の店に行くと、鍵は開いているし休業してるのでもないのに、
商売っ気の薄いところにまま出会います。



こちらで何か買ったような気がしますが、具体的に何だったかは覚えていません。



終点間近で客を乗せる気もなし、実際これまでここから診療所まで乗った実績も少ないのでしょう。
バス停に一瞥をくれたのかも分からないくらいの勢いで、バスは通過していきました。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス

2020年03月13日

小野市


大通りに沿って、バス停。



旧道へのアクセス道路。



ふれあいセンターまで500メートル。



小野市、後ろに住宅はありますが、



なんか物足りないのです、当方の勝手な感想として。



地域を代表する名前のバス停であり、終点としても「小野市」と認識されているのですが、



道端にただバス停。まあ実際に途中バス停なんで、これで足るんでしょうけど。



という贅沢な気持ちを感じつつ、佐伯宇目の路線は廃止になったので、
実際に重岡と三重町の途中バス停になってしまいました。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス

2020年03月12日

ととろ


彼岸花。



バス通り。どう見ても乗客がたくさんは乗ってなさそうな。



駐車場完備だからといって、パークアンドライドでもなく、



小屋の周辺もすっかり整備されまして、



以前ほど「トトロが出そう」ではなくなりました。



ととろ。たぶん水の流れの音です。



観光客がやってきます。



奥にはレストランも。

森のレストラン リュオ 味のあるホームページです
http://www.saiki.tv/~yano0308w/



ここにまたバスを走らせたいですねぇ。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス

2020年03月11日

柿木(かきぎ)


大分バスと大野竹田バスの並立する柿木。



宇目直川線は2018年9月で廃止ですが、三重町と重岡駅の間は健在。



三重と重岡の往復部分が残っています。



ただ同じ佐伯市内として、柿木→重岡駅乗換→佐伯のほうに需要がありそうに推測しますが、
初便に乗っても重岡発の佐伯朝便には間に合わず、
むしろ平日は佐伯→重岡→三重の接続は可能です。ふむふむ。



大きな交差点と、川の流れ、交通の要衝なのは今も。但しほとんどの通過者が車です。



交差点の脇に、



バス停の扱いはあまりよくないのです。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(2)大分バス