地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年08月16日

杖立から日田へ帰る


本来日田バスが折り返す空間ではあるのですが、高速バスはなかなかのレア。

杖立



隣に産交バスのバス停も。

産交杖立
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1945483.html



実際に今から福岡まで行けそうな幕。



そして日田へ戻り。



杷木で乗り継ぎに際し、5735を撮影。お疲れさまでした。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(1)産交バス日田バス

2020年08月15日

瀬の本高原


レストハウスのお土産もの屋



瀬の本。九州横断バス、熊本と別府を繋いでいます。
むかし長者原から長崎まで乗ったことがありますが、車内で先輩と呑んだくれてました。
今になって勿体ないことをしたと思いますが、28年前のことを悔やんでも仕方ありません。



別府方面は由布院までしか行かないものも2便。



何かを狙う者たち。



バス停の立ち位置。



横断バスはここで休憩があります。



くじゅうを背に。



バスアップ。



こっそりと別のバス停?



黒川温泉ゆきのシャトルバス。



ホテルと黒川温泉と瀬の本のレストハウス。



バスに戻ります。

ということで48になりました。もういつ死んでもいいのです。
子に先立たれたくはないので、親が先に逝くのを待っている感じですが、まだ祖母も生きてます。
あーめでたいめでたい(棒)。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)日田バス

2020年08月14日

阿蘇大観峰


ミルクロードの途中で休憩。



阿蘇の街



日田バス。



噴火してます。



大観峰に移動。



WELCOME KUMAMOTO



朝田観光。



そして我々が乗ってきたバス。



並び。



走り去る観光バス。



そして撮影のため待機する鴨川河畔。



駐車場で待機。



門を抜けるところを撮りかったのですが、歩行者に邪魔されました。



バス。



阿蘇を背景に。



根子岳のフォルムと、噴火と。



ここにバスが居る幸せ。



非日常を感じるのに十分な風景ですなあ。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)日田バス

2020年08月13日

オートポリス


幕に特に意味はありませんが、どれで走るかは大事です。



スピードの出そうな車。



そういう意味では、これもスピードの出そうな車ではあります。



待機。



一足先に観客席へ移動してスタンバイ。



いよいよですよー。



出発。あとは実況もなしで。











































楽しいっすよ。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(2)日田バス

2020年08月12日

E高の旅


西鉄久留米に、日田バスの高速車がやってきました。



本日はこれにお世話になります。E型高速、略してE高。



西鉄バスと堀川バスと並び。



まずは高速のサービスエリアでトラックと。



たくさんに。



歩道からの撮影なので、撮れる角度の変化にも限界がありますね。


  
タグ :日田バス


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)日田バス

2020年07月30日

谷の河内


玖珠町のバスになって鉄板が掲げられたバス。

日田バス時代の放置
谷の河内、通学便とふれあい福祉便。1往復ですので、時刻が規定されるわけですが、
規則正しい生き方、ってどうなんでしょうね。当方は天邪鬼だからハナから駄目だとして。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)日田バス

2019年07月23日

杷木とインターチェンジ


杷木インターでのバス交換。



水害の爪痕。土砂は撤去されても、戻らないフェンス。



先ほどインターを下りてきたバスが、杷木で乗降扱いをして、戻ってきたらまた別のバス。



二日市朝倉街道への路線バスも1時間に2往復ありますが、高速バスのほうが旺盛です。



そしてインターへ向かうバスの左側には、まだ残る土砂。



杷木が日田バスの管轄になりまして、こんな貸切車両も停車するように。



○杷が黒文字に。3415と3418



神杉野と小石原、まったく逆方面の終点ですが、杷木ローカルとして一緒に扱われます。



大分新川と日田温泉も、上下に並べるのはどうなのかなぁ、と。



本数は小石原の勝ち。



一般道経由尾日田行きは、使えるのかどうか微妙な本数。

と撮影したのは2018年の2月なので、もう水害を想起させるものもないかとは思います。
人々の暮らしは元に戻ることはないので、どう復興するかという話なのです。

被災地杷木
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1999363.html


復刻色杷木
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2067239.html


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)日田バス

2019年01月31日

夜明駅前


夜明ダム全開。



夜明駅まだ新築と呼んでいいはず。



黒基調。



バス通りと橋。橋もバス通り。



バスカット上下線共通。



日田バス。



小石原と杷木の間のバスが、水害で迂回していた最終日、2017年10月9日。



特別ダイヤのため、夜明杷木間の既存路線を侵蝕しないように、この区間の乗車は禁止。



そして2か月半ほどで、臨時停車を終了。通常ルートへの運行へ戻りました。



そして最終便。



筑後軌道の跡は、夕暮れでよくわかりませんでした。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)日田バス

2017年07月13日

被災地杷木


7月9日、杷木インターチェンジ前で渋滞。脇には大量の流木。



バス発着所近くのガソリンスタンドも、土砂流入でこんな感じに。



バスは4台揃って無事っぽく。このあと午後に戻ってきたら、1台しかいなくなっていました。
甘木あたりに出稼ぎに行っていたのかもしれませんが、明日から甘木杷木間運行再開です。



徒歩で滑りながらガソリンスタンドに戻り、



泥濘の中を走るバス。



福岡まで50キロ、筑紫野まで33キロ。
車でもバスでも気軽に行ける距離ですが、こんなに近い場所で凄いことが起こりました。



バスが通常通りに発着できるようになったのは、復興への足掛かりになりますね。



天神までも気軽に。



日曜日は同窓会だった朝倉光陽高校でしたが、行われてないでしょうね。



長崎からのバスも、



別府大分を目指します。



川でない場所にも多数の流木。水の力の恐ろしさです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 20:17Comments(0)日田バス

2017年07月12日

水害後の浜川


コンビニの駐車場に堆積した土砂。



道の反対側にバス停。



道路に流れ着いた材木を、路側に避けている状態。



方々で片づけ作業が行われていました。



「浜川」。朝羽高校前。いまは朝倉農業高校との統合により、朝倉光陽高校となっています。



バス停の足元も、このように。



2017年7月12日現在、バスは全て運休です。
9日に車で走った時点では、原鶴温泉と比良松の間の国道が通行止めでした。
志波付近の被害が大きかったようです。



バスの中に水が入り込む動画で注目されました。
いったいどれだけの水が、この付近に流れ込んだのでしょうか



運ばれた土砂は至る所を埋めています。また近いうちに伺いたいと思います。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)日田バス