地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年05月09日

平戸桟橋


生月バス。



後ろに平戸城。



駐車場の隅。



建て替わって、観光案内所が強調されています。

建て替わる前の平戸桟橋バス停
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e570257.html



観光交通ターミナル。



西肥バス平戸桟橋。



遠く遠くまで。同じ離島の端と端、って感じです。

平戸の宮の浦
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e570261.html



佐世保駅前までの半急行。



天候により、的山大島・度島への船は薄香から。



上のメモに書いてあるのは薄香桟橋循環のバス時刻。
船が薄香から出るからでしょうか、この日は数分後に続行便も出ていました。



薄香港より出港のお知らせ。



待合は静かでした。



フェリー時刻表。



佐世保方面、宮の浦方面、そして松浦駅にも。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)西肥バス生月バス

2019年04月09日

平戸新町


後ろは郵便局、平戸新町。
特急系統が消えてしまっても、特急停車地だった過去が残ることで、主要地であることも伝わります。



これはまあ、平戸口行きの起床系統を撮りたかっただけです。



桟橋から営業所方面への時刻表は、生月バスも併せて掲載されています。
元が西肥バスですし、現金乗車ならばどちらでもいい客も多いのでしょうし。



こちらは急行停車地。佐世保への半急は、ここでは各停みたいなもんですが、まあ嘘ではないです。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)西肥バス

2019年01月25日

佐世保駅前バスセンターで西鉄高速待ち伏せ


佐世保市営バスと西肥バスの統合にあたって、
2018年末で市営バスの一日乗車券が販売終了となるので、最後の記念に訪問したのは12月30日。

西肥でなくなると惜しいものが何か考えたら、最初に思いついたのがこれ。



バスセンターのタワー。



あと、向かいの車庫一回で待機するバスとか。



年末ということで、高速バスの様相もいつもと違い、



珍しい車両が来ているという情報で、滞在しておりますが、



当方の車両の知識()



駅前バス停。



長崎県営バス。



てな感じで、



いといろ撮っておりまして、



そしたら、



当日のメイン。



いや現在だから珍しいわけで、



ほんとはもっと以前に、



たくさん撮り残しておけよ、という話なのかもしれません。



博多9719。



西肥バスと一緒に。



海風バス、初めて会いました。



ああ西海橋。



西肥バスと佐世保市交通局の並びにも、何か変化が起きるはずです。



博多9495。



西鉄高速バスの新色も発表されましたし、



この姿も、努めて記録しておくのがよろしいのかと。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)西肥バス

2018年11月25日

佐世保市営撮影

左石→「X13若葉循環大野車庫」→島瀬町
島瀬町→「X1戸尾→1山祇循環」→山祇町
 山祇町~戸尾町
戸尾町→「B9大黒→天神循環」→大宮町
 大宮町~天神小学校入口
天神小学校入口→「W4矢峰(大宮経由)」→京町
 京町~松浦町
松浦町中央公園口→「W4矢峰」→左石
左石→「西肥バスV1-4佐世保商業高校」→終点 現金220円
佐世保商業高校→「C1-4黒髪」→吉岡橋
 吉岡橋~皆瀬駅
皆瀬→「MR佐々」→相浦 均一200円
相浦桟橋→「C1-4黒髪」→大野
 大野~上の角
上の角→「W4矢峰」→淀姫神社前
 ジョイフル
淀姫神社前→「B8-5大宮→天神循環」→上の角

 
  


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(0)西肥バス佐世保市営バス

2018年10月08日

現実に戻る

有川→「フェリーなみじ」→佐世保
佐世保駅前→「NSさせぼ」→天神高速BT
壱岐5964 天神ソラリア→「504生松台野方」→野方
壱岐6263 野方→「快速204天神方面」→原
  


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(0)西肥バス