地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年10月20日

長崎駅前交通会館県営バスターミナル


県営バス長崎駅前、降車専用。



交通会館。



路面電車とバス列。



立体的な街。



長崎空港行き、安定の本数。



博多バスターミナル行き。九州号って書いてないですけど九州急行です。



喫茶店健在。



切符売場。



佳き眺め。ターミナルですよ。



バスを待つ人たち。



びわゼリー。



素直に福岡には帰らず、小倉行きの出島号へ。



ということで出島号。



長崎空港行きが来たので撮らせていただき、



乗ります。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)長崎県営バス

2019年10月19日

雲仙特急


元々は雲仙や大屋への路線を持ち、小浜にも島鉄と別のターミナルを構えていた長崎県営バス。
最後の砦が雲仙特急です。存続したいと思っているのかどうかはともかくとして。

いや路線の存続は皆さん願っているのでしょうが、
それを許すだけの採算性が維持できるのかどうかのほうが重要で。



長いです、9E15。



座席指定の番号。



補助席は大きな番号。



54の標示。



降車ボタン。



フリーWi-fi



荷物置き。



特急。



長崎駅前までお世話になりました。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)長崎県営バス

2019年10月12日

高速宇美


長崎駅前のバスターミナルから、高速小倉行き、出島号。



暗闇の中、バス停に到着。



出島号という記述はないんですね。



高速バスのバス停。



高速宇美。



小倉久留米便が消えた時点で西鉄の停車系統がなくなり、
小倉熊本便がなくなった今、福岡県のバス停なのに停車するのは長崎県営バスだけ。
しかも北九州方向には向かえませんので、こちらは降車のみのバス停です。



設備はスタンダードなもので、特記するような違いは見えません。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)長崎県営バス

2019年08月08日

風頭山風頭町


坂を登って、



かざがしら



平日は1時間に3本見当。土日祝の方が多いのは、観光地だから。



にしてつかんこう



駐車場の反対側に、もうひとつバス停。



矢太楼



県営バス、風頭町、こちらは町。



1時間に1本。



矢太楼のバス。



昔に長崎バスの転回場。



自販機補充。



バス出発。



乗合タクシーも風頭町



30分に1本、来る方向を反対に考えていて、写真は撮り損ねました。



バス。



坂本龍馬には、あまり興味が無いので、亀山社中にも行ったことがありませんし、
今後もひとりでは行くことがないかと存じます。



にしてつかんこう出発。



風頭公園へ、の地図。



バス乗って、



次はあっち。



  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス長崎県営バス

2019年07月31日

諫早バスターミナルの外


新しくなったので、まだ違和感しかない諫早駅。よそ者の勝手な感想です。



まあこれも県営バスのターミナルだと思ってますから、記憶の上書きが下手なわけです。



と自嘲すると、建物自体も更新されていなかったりして。



県営バス。



空港行きも。



看板は更新されております。



地下道は閉鎖されております。



ターミナルホテル。



元から従業員駐車場のようでありますが、



ホームの名残。



もっとちゃんとした遺構。



島鉄ターミナルの記載も。



このクリーニングが後から追加された建物で、歩道の具合から過去を想えます。



とまあ、どこでもノスタルジーに浸ることは可能なので、この景色でも10年後には。



山勝食堂、人気でした。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)長崎県営バス島鉄バス

2019年07月30日

諫早バスターミナルの中


路線図。あとべつにコメントすることもないです。

































  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)長崎県営バス島鉄バス

2019年07月29日

貝津団地入口(諫早インター乗換)


諫早インターで降りたら、



ここがお約束の貝津団地入口。



あとリンガーハットでちゃんぽん食べるのも定番、と知ったように言ってますが、
長崎エリアは車で行く機会が多いので、この乗換自体が十数年ぶり。



でも見慣れた景色。



系統が多くて、なるほど知らずに福岡の天神で放り出されたら、こういう気持ちになるんだろうなと。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(2)長崎県営バス

2019年07月28日

九州号で諫早インターまで


日田バスの復刻塗装が前に居たので、ちょっと目を奪われてますが、乗ったのは九州急行。



途中休憩で、産交バスと並び。



熊本から長崎への



りんどう号。



こちらが乗ったバス。



九州号各停。
所要時間は長くても、席移動ができるし空いていることが多いので、各停が好きです。
隣に人が来ると、私も相手も幸せにはなれませんので。



そして今回の目的地は諫早なので、どっちにしろ各停マスト。



諫早インター。



県営バスの空港とか佐世保とか。



九州号もまあ1時間に1本くらいのイメージでしたが、実際はもうちょっと多いですな。



定番のバス待合。



徒歩移動。



トイレを借りて、一般道へ出ます。




  


Posted by ちょんびん at 20:20Comments(0)長崎県営バス

2019年05月10日

多良見大浦


長崎バスと長崎県営バス。



県営バスは現地出退勤のようで、軽自動車でここに来られてました。



大浦と東園の往復が基本。



県営バスは大浦。



1本だけ諫早駅まで行きます。



長崎バスは多良見大浦。



新地まで。



リエッセくん。後ろは斜面、そして海。



ナナメ。



アクセルをひとつ踏み込めば、落ちます。



諫早まで行く便の側面板。



リエッセの前面掲示は小さいので、経由地は省略。



乗換接続、というほど明確なダイヤは組まれていませんが、
どちらもそれなりの本数があるので、1日に何度か並びます。



みかんの樹の脇を、都心部へ。



多良見大浦行きのバス。



みかんの無人販売、私の考える「多良見大浦らしさ」はこういう感じで。



ひとバス停だけ、行政境界を越えて諫早市へ。



段々果樹園です。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス長崎県営バス

2019年04月21日

須の瀬


長崎空港方面、すわなち大村湾。



倉庫。



バス停が、なぜここなのか。



須の瀬



県営バス、大浦と東園。
長崎県営バスと呼ぶのが親切かと考えて、いやどうせ県営バスは全国で長崎だけやし、と思い直す。



桜。



カーブ。



東園側の別の場所でバスを撮って、



追いかけて追い抜いて、海とともに。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎県営バス