地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年09月27日

重岡駅


650円の鉄道旅。



つばめ車両で重岡駅に到着。



佐伯市になっています。



バスが停泊しています。



跨線橋があります。



峠を越えて県境を越えて延岡まで650円なのですが、同じ佐伯市内の佐伯まで560円。
けっこう距離がありますね。



朝ここで延岡行きと佐伯行きが交換をします。延岡行きはこれ1本だけです。
私が乗ってきた佐伯行きに、数人の高校生が乗り込んだのですが、どうやって帰るのでしょう。
延岡方面に行った客は、17時の列車で戻ってくることが可能なのですが。

この時刻表の情報だけでは、そういう話になるのですが、
夕方に2本、佐伯から重岡行きの設定があります。



駅前にバス停立ってます。



宗太郎方。



広い敷地です。バスについては別記事で。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス

2019年09月23日

延岡駅


延岡駅から、



北方面へ。



787の特急車両ですが、佐伯への送り込み?朝の時間帯の端数運用?にて、各駅停車です。



跨線橋から。



反対側。



宮崎行きもスタンバイ。



宗太郎峠を超えて、宮崎県から大分県に移動します。



駅名標、さっきのと仕様が違うやつ。


  
タグ :延岡駅


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)

2019年09月17日

島原鉄道諫早駅


諫早駅が新しくなりまして、



JRからの乗り入れ線路がなくなりました。そのうち新幹線の高架ができます。



竹松いき。



島原鉄道のりば、中国語の表現がおかしいです。鉄道の島原ホーム。自動翻訳を通したような。



なので、アルファベットだけ色が違うのも、何か修正したからではないかと野暮な穿ち。



簡易的な待合があって、奥にホーム。



島原外港まで1510円。



ただ1本のホームです。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)

2019年09月05日

新地中華街


香焼恵里。



赤迫。



蛍茶屋。



エアポートライナー



アタマだけ出す形。



進入直前の待機。



新地ターミナル。ホテルの部屋から。



翌朝の順光。



やることに進歩は無し。
ひと晩あけても何も変化しないのであれば、あと20年経っても同じである可能性があります。
いやそれは危険性かもしれない。老けないなら幸せかもしれませんが、死なないのはたぶん不幸。



ほら進歩がない。人生はまま退化いたしますゆえ。



ホテルを出発後に撮った駅前の写真も、



枚数がないので、



ここに載せときます。
最後を兼営バス路線案内図にすることで、ターミナルつながりぽく。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2018年09月04日

阿蘇駅前


単行の鈍行。



あそぼーい。



阿蘇駅前、行先番号8番、阿蘇山西駅。



阿蘇ユネスコグローバルジオパーク。



阿蘇。



米塚。

■阿蘇駅前
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/tag%E9%98%BF%E8%98%87%E9%A7%85%E5%89%8D


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 08:08Comments(0)産交バス

2018年08月24日

西鉄太宰府駅2016


2年ほどの時間経過で、こういう懐かしいものがでてきます。



太宰府ライナー旅人も、現在の主力はこの車両ではないわけで、



当時も今も、利用者は旺盛で、主体は中韓からの観光客。



まほろば号も、だんだんこの車両ではなくなっていくわけです。



太宰府。



宇美営業所側からの太宰府アクセスが、もうちょっと重視されてもいいのにと思っていましたが、
国際線経由がこれだけのヒットを飛ばすと、これはもう生活路線以上には発展しないかもですね。



ラッピング。



2018年7月当時の時刻表。



電車はまあ、こんな感じですよ。単線ですし、ピストン輸送なら何本走れますかね。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 08:08Comments(0)二日市

2018年08月22日

西鉄五条駅


通称チョロQにて、太宰府高校入口から西鉄五条駅まで。

■途中区間は上りと下りで経路が違うので、完乗を目指す方は往復乗りましょう
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1791951.html



回送をお見送り。



バス待合所。



西鉄五条駅。



バスのりばとロータリーと駅舎の位置関係。



西鉄五条駅前。隣接が五条台と五条。



五条方面へは、原(はる)営業所への系統に乗らねばならず、けっこう難乗面倒。

■3年前、ちょっと車両が違う西鉄五条駅前
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1792035.html


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 08:08Comments(0)二日市

2018年08月20日

西鉄二日市乗換閑散


夕方の時間帯に、珍しい空白時間。
基本的に天神からの特急と接続するダイヤですので、一斉に各方向に出発していきまして、
それから次の折返しが戻ってくるまでは閑散とします。
でも「22」とかもいるので、なかなか何もいない状態にはなりません。

■たくさん並んでる西鉄二日市
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2040927.html



西鉄前交番。



乗ってきた「22」が端っこ待機。



西鉄電車も、まあ見た時には撮っておきましょう、くらい。



すぐ近くにいるのですが、何をクローズアップしたらよいのかわかりませぬ。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 08:08Comments(0)二日市

2018年08月18日

西鉄春日原駅


到着待機。



高架工事中の駅。



待機する若い女性。



西鉄春日原。「駅」とは主張していません。



行先番号は、1と2と6。



天神山と那珂川ハイツが同じ「2」なのは、多少乱暴なんですかね。



春日原駅西口。



駅前の一方通行を循環するバス。



バス停方面へ。



長時間待機する設備がありませんので、どのバスも数分の滞在ですぐに出発していきます。

■西鉄春日原2010
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e372623.html

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 08:08Comments(0)二日市

2018年08月14日

西鉄千早駅等


西鉄千早、駅名標。



土日の均等ダイヤの美しさ。



新宮方面の微妙なブレは、秒単位での計算によるものでしょうか。



近代的なビル。建ったのが最近なので当たり前ですかね。



懐かしさを覚える車体。



踏切事故。



混乱。



香椎参道。
さんどうで変換して、賛同産道参堂山道の順で出てきて、やっと参道。



通行止め。



御幸町の歩道橋より。



下原行きは、順調に走れましたが、



踏切が開放された途端、バスばかりが参道側から流れ込んできました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)