地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2017年12月29日

俵ヶ浦


佐世保市営バスいちばんの僻地までやってきました。



行き止まり感。



海沿いの斜面に貼り付く家。



夕暮れ。



なぜかちょっと中途半端なところで終点を迎えるバス。用地取得の都合ですかね。



県道の端っこ。



生かきの加工場らしきもの。



捨てられた殻はカルシウムとして畑に撒かれるのでしょう。



旧陸軍佐世保要塞。湾内に入るのを見張るには確かに最良の位置です。



で、バスに戻って、



俵ヶ浦バス停、佐世保市営バス。



2時間1本。



土日祝はさらに減ります。



SSK経由。



後姿なんか撮ってると、すぐに折り返しの時間になります。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:26Comments(0)佐世保市営バス

2017年12月29日

赤崎団地


前回坂道を徒歩で登るのに挫けて、景色のいい場所で妥協して辿り着かなかった赤崎団地。



始発のバス停が道端にあって、バス待機場は民家の向こう側にあって、終点ぽくないです。



坂を下って街へ。



正面に烏帽子岳。佐世保市広いですな。



朝はそれなりに。



日祝日は2時間おきくらいになりますが、時間を合わせて往復する価値はありますよ。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:09Comments(0)佐世保市営バス

2017年12月29日

第4ドック前


人間は大きなものが作れるものだなぁという月並みな感想しか載せられないのもまた人間です。
見た目に於いては珍獣との境界線あたりを危うく歩いている自覚はあります。



SSK経由はこちらの海側を走りまして、ここは地形的にもとは海ですよね。
だから旧道は斜面の中腹にあるのです。バス通りのメインもそっちです。西肥は山側だけです。



佐世保市営バスの第4ドック前。



おしの道分道行きはこの辺までの通勤需要ですよね。あとは市内に戻れるわけですから、
バスとしては完璧な双方向需要への対応ってやつではないかと。



その分、土日祝はやる気が薄れるのです。通勤路線の宿命です。福岡でいえば県庁前みたいに。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 20:53Comments(0)佐世保市営バス

2017年12月28日

佐世保実業高校


進んでも学校の構内にしか進めない、選択肢のない海芝浦のような道。



ロータリー的に転回場。



ひとしきりの待機。



街に戻る方も、どこに連れて行かれるのかという景色。隔離された空間のように。



屋根付き。



西肥バスと、



佐世保市営バスの並立、佐世保実業高校。



でも本数はこんなもん。14時台に1本ある貴重なのに乗ります。



ということで。本数感は椎木峠で確認してください。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)佐世保市営バス

2017年12月27日

椎木町


佐世保市内では珍しいほうかもしれない、坂のない住宅街の風景。



佐世保市営バスと西肥バスの椎木町。



本数の割に多い系統、そしてバス停が1本なので両方向が1枚にまとめて表示。



日祝日はさらに疎らに。



そのまま平地が続きそうですが、次のバス停は椎木峠



ゴミ収集場所の片隅にバス停という日常。

というようなことを書いてUPしたはずなのですがどこかに消えてしまって、
そのままやる気がなくなって一週間放置してみました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:41Comments(0)佐世保市営バス

2017年12月19日

椎木峠


椎木峠。



西肥と佐世保市営。



さほど、



多くは、



ないのです



よ。



こちらが峠っぽさ、というか実際に峠なのですけれど、高低差はさほどでもないです。



郊外、



方面の



時刻も、



そこそこ。
西肥バスは日中数時間の空白があります。



もともと佐世保は坂の街なので、むしろ峠なのに斜面はなだらかだし道は広いし、
穏やかな場所だよなぁ、と感じさせられます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)佐世保市営バス

2017年12月18日

展海峰


九十九里浜、じゃなくて、九十九島。



個人的にはこちらのほうが好み。船越が本当に船越だなぁとわかります。松居一代とは関係ありません。
陸地が細くなっていて、船が向こう側へ越せる場所なので船越なのです。



展望台の説明板。



駐車場そしてバスからの距離感。



大島も見えます。



展望台を客観視。



駐車場に戻りまして、



バス停。



佐世保市営バス、展海峰。最近まで季節運行の路線でしたが、
つくも苑の移転に伴ってバス路線が改変され、定期路線の終点になりました。



まあこんなもんです。



土日祝の方が多少減ります。



バス待機。



バスに乗ってここまで来ることが主目的なので、折り返し便で帰ります。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:06Comments(0)佐世保市営バス

2016年11月20日

第6回させぼ公共交通ふれあいフェスタ


本日、佐世保市にて公共交通のフェスタ開催中です。


  


Posted by ちょんびん at 09:00Comments(0)佐世保市営バス

2016年03月01日

相浦桟橋再三


左石の駅前に車を停め、一日乗車券で佐世保市界隈を回ることが多いので、
とりあえず西海橋とかハウステンボスとか、市営だけなら下原橋とか東浜町とか、
南西側を午前中に行って、昼から日野峠付近、



そして、夕方に「相浦桟橋」、という定型に嵌まる昨今です。



待機場のバスは、夕陽に照らされて、順光で西肥と市営の並びが撮れますが、



船着き場からの回送道路をこっち向きに撮ろうとすると、逆光です。

相浦駅
また相浦
相浦
また相浦桟橋
相浦桟橋

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)佐世保市営バス

2016年02月29日

小野町


初めての訪問。側道に入ったと思ったら、そのまま住宅街に突っ込んで、降車扱い。



そして、後退。バス停を角に発見。



生活道路。



「小野町」。おのちょう。



あんまり本数は多くありません。



いちおう、後ろの私道の通行も邪魔しない最低限の空間は確保。



でもこっちから来て、目の前でバス停まってたら、イヤですなぁ。
奥に住んでる人以外は使用しない道路のようなので、問題は起こらないのでしょうが。



線が引いてあるので、運転士さんの恣意的な決定ではなく、
ここが公式の待機場所なのです。



よい眺めです。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)佐世保市営バス