地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2014年03月15日

若松


バス停に違法駐車する車には、落書きしても罰せられない法律が欲しい私(笑)。
まずは若松行きに乗車します、とはいっても、港からここまでバスで来てますので、
壱岐交通初乗車の感銘はすでになく。



なんでここが終点なのか、なぜここまでの路線があるのか、
よくわからない中途半端なところに「若松」。



三叉路の大きな空間で、方向転換して待機、
そして往きも還りも、私だけを乗せてバスは走ります。
もちろん、運転士さんは乗ってます。



若松行きの幕を撮りたい旨お願いしたところ、
本町到着後にわざわざ戻してくださいました。ありがとうございます。  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)壱岐交通

2014年03月14日

新道


素敵な時刻表。



立派なバスターミナル。



うわっ!壱岐にもポンチョがおる!
否定的なテンションを持ちつつ、



本町から、こんどは亀川と反対方向へ散策。



ちょうど成人式シーズンだった、ってこともあるでしょうけど、
郷ノ浦の中心街は、美容室と写真館が目につきました。
どちらも私の日常には縁のない施設のため、
ふだんは殆んど気に留めることもないのですけれど。



ほっともっと脇の、「新道」バス停。



向かいにあるのが、バスターミナル。
隣の本町と、どういう位置づけなのかがよくわかりません。
ここを拠点とするのならば、港からのバスもここまで来るべきでしょうが、
新道を出て各地に向かうバスは、全て本町も経由するわけで、
じゃあなぜこちらにこれだけのターミナルが存在するのか、など。



というわけで、若松行きに乗るべく、とりあえず本町に戻ります。  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)壱岐交通

2014年03月13日

亀川


本町でバスを見送って、乗りたい若松行きまで、小一時間。



ちょいと散策に。
材木店の前で干される開きは、ある意味壱岐のイメージ通り(笑)。



時刻表はおろか、地図も持たずに来てますので、
なんとなく匂いのする方へ(笑)進んで、



バス停発見。



「亀川」。



鉄板にペンキ書きの時刻表。



満足して、とりあえず本町に戻ります。細い路地を抜けて。  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)壱岐交通

2014年03月12日

本町(郷ノ浦)


郷ノ浦の中心部に着いて、まずは旧そうなバスに遭遇。
もうこれで、壱岐に来た費用に対する満足は、ほぼ達成(笑)。



とりあえずノープランながら、自分の嗜好からして、
枝線を優先的に乗るほうが充足度は高そうだと推測して、
1本目の芦辺行きは見送りました。



「本町」。



時刻表で路線の全容は把握できるので、本日の予定概略を構築。
本数の少ないところから、ということで若松行きを決定。



待合所が移転しているというお知らせがあるので、



導かれる通りに、



商店街の中へ。



内部。



勝本経由の瀬戸行き。



そうか、壱岐はウニが特産なのか、とその程度の認識で来ています。  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)壱岐交通

2014年03月11日

郷ノ浦港


3334本目より、1月中旬に訪問した、壱岐の記事を続けます。
1000本目から2000本目まで、わずか380日で書ききった私ですが、
当時どのくらいの情熱を持ってブログと向かい合っていたのか、
今となっては記憶を辿ることもできません。

月に2、3回、10本程度まとめて書くことで、
なんとか毎日更新を保っている現状ですが、
4000、はるか遠くに、まだ見えません。



行きのヴィーナス号はスカスカだったのに、帰りの夕方便は満席。
どっちにしろ予算と乗船時刻の都合でフェリーにする予定でしたが、
なんでこんなに空席状況に違いがあるのか?



次の日は成人の日で祝日なので、壱岐観光をするなら今日帰らなくても??
と考えておりましたところ、芦辺でマラソン大会が開催されてました。怪不得。



港から郷ノ浦までのバスは、船の時刻に合わせて運行、とだけ書いてあって、
下船客がいなくなったことを運転士さんが見計らって出発という、
非常に現実的で柔軟性のある運行。



まずは車内で一日乗車券を調達。
カラーコピー製、正直、偽造し放題のクオリティですが、
わざわざ偽造するほどのない価格設定、1000円です。  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)壱岐交通

2014年01月13日

壱岐交通バス車両


壱岐のバスは、車両について何も分からない私でも、
「なんか違う」と思えるレベルのもの(笑)。
撮り方がなってなーい!的なご不満は多々ございますでしょうが。、
そこは目をつぶってくださいませませ。



長崎22え55



長崎22え70



長崎22え74



長崎22く147



長崎22く148



長崎22く157



長崎22く158



長崎22く162



長崎22く163



長崎22く165



長崎22く166



長崎22く172



長崎22く176



長崎22く179



長崎227あ6



長崎227あ13



長崎227か6



長崎227か10



長崎227か12



長崎227か16



長崎227か46



長崎227か48

以上、1/12に撮影できた路線車は、22台です。  


Posted by ちょんびん at 15:49Comments(2)壱岐交通