地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年11月21日

垂水フェリー


夕暮れの出航。



夕陽。



鴨池から鹿児島中心部方面の時刻表。



垂水から大隅各地への時刻表。



船内。



不安になる客数。高速道路の延伸により、鹿児島市内から垂水鹿屋でも、
車で直通するほうが便利になりつつある、という話を聞きました。



桜島。



船。



往きの桜島フェリーでうどんを食したので、帰りも食べるのはあんまりかなあと逡巡していたら、

往きの桜島フェリー

前回の垂水フェリーうどん
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1256245.html



売り切れになりました。食べられないとなると惜しく感じるのは、人間があさましいからです。



バスに戻ります。



鴨池に到着。



そして中央駅へ。お疲れさまでした。



桜島夜行連泊で福岡に帰ります。

鹿児島帰りの風呂

そのあとは思い付きで島原へ


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)鹿児島交通

2019年11月20日

南大隅根占ローソン


屋外駐車場。



内之牧。



並ぶバス。



さらに回送が合流。



あらためて駐車場。



停車。



隣のローソンに、われわれの乗ってきたバス。



交差点。売上がどっかの地域でいちばん多いローソンだったと思います。
特筆すべき販売方法があるのか、需要人口のわりに店舗数が少ないのか。



鹿屋。


  


Posted by ちょんびん at 19:19Comments(0)鹿児島交通

2019年11月10日

Aコープ前


トンネル、新しい道ができる予感というか、まあここまで掘ってしまえば確定ですか。



本土最南端Aコープ



お弁当の引き取り。



海も見えます。



ガソリンスタンド。



JA肝属。



バス停も直球で、Aコープ前。



昨日掲載の島泊海岸では、大泊方面行は午後ばかり3便でした。
すなわち午前便の大泊行きは、旧道の島泊海岸を経由しません。
非常に完乗の達成しづらい区間です。

新道経由は午前中の大泊行1便のみ。
しかし大泊に到着しても、もう佐多方面に向かう便はなく、
佐多岬ふれあいセンターや外之浦にも行くためには、夕方便までひたすらに待つ必要がありあます。

大泊で6時間、何して過ごしましょうか。
佐多岬まで徒歩で往復でもしましょうか()



佐多の街。



Aコープ佐多。



また行きたい場所ですが、福岡から遠いんですよ。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)鹿児島交通

2019年11月09日

島泊海岸


旧道区間を走って、大泊を目指すバス。



バス停を通過。



そして与儀又いき。行ったことはありませんが、奄美の雰囲気に似ている場所なのだそうです。



鹿児島交通、島泊海岸。



午前中に2便、佐多方面へ出て、午後から戻ってくるだけ。
都心部側からだと、必ず一泊が要求されます。



簡易郵便局。



バス停とタイヤ。



佐多岬まではバスで来たことがあるので、ここもかつて経由しているはずなのですが、
記憶に残っておりません。もったいないことです。


  


Posted by ちょんびん at 14:14Comments(0)鹿児島交通

2019年11月06日

佐多岬


岬。



最南端、佐多岬。1年以上対応せずに寝かせていたのが分かる写真ですね。



大きな木。気になる木。



順光。



佐多岬。



大泊からの定期路線があったころ、バス停が立っていたところ。



そしてトンネルを抜けた先まで歩けるのですが、遠いので気持ちだけ。



バスに戻って、南国気分。



純粋に端っこまで行くかどうか、数百メートルの距離をどう考えるか。
まあ一度も行ったことがなければ、一度は行ってもいいんじゃないかと思います。



本土、ってどう定義したらいいんですかね。
最西端は平戸島も本土に入れていいなら宮の浦でしょうけど、
橋でつながってて車で行ける、ってのは本土なのかどうか。

西の果て

  


Posted by ちょんびん at 12:12Comments(0)鹿児島交通