地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年07月22日

江津遊園地前


水辺。



狭い道とバス停両側。



江津団地経由イオンモール熊本



バス停駐禁、樹に掲示。



都心向け。



交通センターへ。



路線バスを除く。



こちら、都市バスも発着するほう。



烏ヶ江まで行かなくなり、現在は画図橋までですが、この時はまだ路線図残ってます。
そして時刻表を撮影していないヒキの弱さ。



バス停撮って、



道を撮ったら、



バス来ちゃったんですよ。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)熊本バス熊本都市バス

2018年05月03日

祭りのあと


西鉄車両の路面電車と赤バスの並走を熊本で見る贅沢。
両方とも貸切で、タイミングを合わせながら走ってくださった中、
ちょうど車両全体が見えるタイミングにシャッターを押せた幸運。

http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2041715.html



もう思い残すこともないので、路面電車で集合場所に向かいます。



乗る車両も戻ってきて、



路面電車も回送で上熊本の車庫に戻ります。乗せてもらえればさらに良かったですかね。



上熊本駅で、都市バスと並ぶ西鉄の赤バス。不思議な光景です。



大牟田に戻って、運転士さんと記念撮影。ありがとうございました。

以上をもちまして、2018年4月15日、
「西鉄バス廃止路線完全復活祭#6山鹿ローカルと言いつつ本当のメインは西鉄路面電車との並走」
の記事を終了させていただきます。お読みくださった皆さま、ありがとうございました。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(2)大牟田熊本都市バス

2018年05月01日

熊本城二の丸駐車場に西鉄路線バス


山鹿から熊本に着いて、最初に休憩を取ったのが、二の丸駐車場。
改修中ではありますが、奥に熊本城が見える場所で、西鉄の路線バスが停車している姿、
見る人が見ればなかなか珍しい光景なのですよ。

■山鹿の停車シーンはこちらから
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2041713.html

分からない人にとっては、他のバスと同じに見えるんでしょうけど。



さらにしろめぐりんのバスが横に並びまして、熊本感を高めます。



駐車場構内侵入なので、バスはゲートを通過します。
特別なところを走っている、という感覚を受けるので、乗っていても幸せになれるシーンです。



こうやって撮ると、どこの駐車場かも分からないので、ありがたみはないですね。
あくまで「ここは熊本である」というコンテクストの中での価値なのです。

そしてここで一時解散となり、熊本の路面電車と西鉄バスの並走を撮るべく、
参加者はそれぞれに思い思いの場所へ徒歩で向かうのでした。

つづき
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2041715.html

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)熊本都市バス

2017年11月20日

蔚山町


路面電車とトンネル。



蔚山町(うるさんまち)。当たり前のように読んでましたけど、読めます?



バス停。カテゴリーは産交と都市バスで。



ここはバスより路面電車に注目。じゃあ車両を待てよ、って話なんですが、



この日、寒かったんすよ。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 20:20Comments(0)産交バス熊本都市バス

2016年09月14日

上熊本駅前


地震に遭う前の熊本電鉄上熊本駅。



仮工事。



単線のホーム。



駅前にバス進入。



熊本都市バス。



上熊本駅前。



路面電車。いろんなものが見られるわけですよね。止まらないですけど新幹線も。



こちらが、産交バスの乗り場。



七本の隘路は良いので、ぜひ万楽寺止めではなく植木に乗ってほしいです。新3より新4。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 20:28Comments(0)産交バス熊本都市バス

2016年04月15日

本妙寺前


ひょっこりと、姿を出すバス。



壺1。



都心部へ。



まっすぐの参道。



下が県道1号線。



段差のある並行。



「本妙寺前」。



繋ぐ階段。



バスを待つばあちゃん。



都市バスです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)熊本都市バス

2016年04月14日

花園総合出張所前


「花園総合出張所前」。道が拡がろうとしている場所では、
既存の景色が失われるような気がして、撮りたくなる病気です。



かといって、次ここにいつ訪れるのかは、わかりません。



工事で雑然としている雰囲気を求めすぎるあまり、バスの姿がぞんざいになったカタチ。



そのショックで通り過ぎたあとすぐにカメラで追えないと、こういうことになります。



どこまで広くなるのやら。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)熊本都市バス

2016年03月16日

熊本交通センター(仮)


ここのところ文字数の多い記事ばかりなので、きょうはざーっと。山鹿から。



取り壊される前の交通センター。



待機整列。そして過剰なまでの誘導員。



高速バスいろいろ。



多色整列。四字熟語みたいでしょ。



百花繚乱、というほど艶やかでも艶やかでもなく。
あでやかでもつややかでも、と読んでくださいw 
おとなげないだいにんき、みたいなもんです。たわごとざれごと、でも同じ。



南関上町直行。LED切れ。



熊本市内路線は、まだ把握していないところが各地にあるのですが、
全てを知ってしまいたくない、という気持ちも多分に。

  続きを読む


2016年02月22日

花園


柿原公民館界隈、ずっと道は狭いので、どこかバスと絡めて画になる場所は無いかな、と。



バス停3つほど歩いて、「花園」。



鱒(マス)養殖してる場所は、きっと都会じゃないですよね。



とまあ、ほかのことに気を取られているとバスが来るのも、また日常。
こう書くこと自体、気の利いた写真が撮れないことに対する言い訳なのですが、
きっちり心の準備をして、カメラを構えて待ったところで、どうせウデもありません。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)熊本都市バス

2016年02月21日

宮尾付近


柿原公民館でバスを見送り、30分待つのも退屈なので、歩いてみます。



寒い時期とはいえ、道端にこれがあるのは、郊外の証拠のような。塩化カルシウム。



遠くに新幹線の高架とか、崇城大学とか。



「宮尾」バス停。



双方向の時刻が併記されると、充実の本数、って感じです。
実際のところ、日中は2往復ですけどね。



もう1バス停くらい歩いてみましょう、ということで明日に続きます。
  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)熊本都市バス